二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



加治木駅の猫
動物園で

じっと 動物を眺めたり、

水族館で

群れを成して泳ぐ魚を見ているのは

とても好きですが、

かといって

何か動物を 飼おうとは

思いません。


動物の命に対して

責任を負う自信がないっていうのもあります。

(金銭的にもね。(笑))))


先日

九州旅行の際、

日豊本線加治木駅で

出会った一匹の猫、

誰かに飼われているのか 野良猫なのか・・・・

なかなか 堂々とした奴で

周りの人間に対して 全く 我関せずの姿勢。



立派なモノをぶら下げた その雄猫。


耳は 何筋にも裂けたの傷、、

尻尾は クランク状に 折れたまま、

体にも 数多くの傷跡が 残っていた。



久しぶりに

こういう猫に出会った気がする。



奴なりに 相当な数の修羅場を潜り抜けてきたであろう事は

その姿 佇まいから 容易に想像できる。

近寄っていく人間に対しても

目も合わせはしない、

かといって 牙をむいて威嚇するようなこともなく、

鳴き声一つ発しない。

加治木駅の猫

(物凄く眠たくて ウトウトしていると すぐ後ろで 同じような・・・・・・)

その猫

焼酎のイベント会場が行われた駅近くの飲食店の入り口にまで

来ていた。

私のちょうど前 足元で 会場に入ろうとしていたが、

さすがに それは ダメだぜ。

そっと 奴の行方を遮ると

何かを察したのか、

それとも

『そんなことしなくても 店の中には入らねーよ。』とでも言いたげな感じで、

すっと 身を翻し

どこか そのまま 雨の降りそうな駅前の景色に

違和感なく溶け込んでいった。





なぜか 心に残ってます、

格好良くて 男前だったな~~。




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:グルメ


コメント

たぶん向こうも思ってるで。
久しぶりに自分と同じ匂いのする人間に会ったなあって。
[2016/07/07 08:21] URL | コバヤシケイスケ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
まあ 限りなく野生に近い奴からしてみれば・・・・
何にも 思ってないと思いますわ。

それくらい 泰然自若としてた。
[2016/07/07 17:23] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1415-0c92e1eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)