二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



自分のスタイル 
私は

なんやかんやと 小難しい事を言っても

結局は

姫路の片隅の 焼酎居酒屋の店主であるということを

改めて認識します。



ネット上では 

日本狭し・世界広しと

アクティブに活動し、

かっこよく 見えることが ほとんどです。


でも

その真逆が 私の選んだスタイルです。

店を 始める時

忙しくても ゆっくりでも 家内と二人でしていこうか。と決めました。

実際 いままで アルバイトも 雇ったこともありません。

ずっと 二人で来ました。


蔵元さんを訪ね歩くたびも

ずっと 2人で 行って 

それぞれの目で 物事を 見極めてきました。


10年ぶり以上にご来店いただいたお客様に

『変わらずやっとるね。』と

ほめ言葉を頂きますが、

いい変えれば

『全然 変わってないやん!』とも 言えるわけです。(( ´艸`))))


それはさておき。


姫路は

もともと 清酒処、

店を始める前、

『焼酎専門なんてやめとき。』

『大きな居酒屋さんの向かいの立地なんて、やめとき。』



多くの人に言われましたが、

私なりの勝算がありましたし、

その人たちから カネを借りてるわけでもないですしね。(( ´艸`))))



焼酎ブームの追い風もあり、

店も 軌道に乗るまでは すごく順調だったように

今思えば って感じでした。


そして

何か不思議の縁で、

一番最初に

壱岐の重家酒造さんと 出会いました。

当時

重家酒造さんは 兵庫県に卸している酒屋さんが

ない時代でした。

ひょっとすると

兵庫県で 一番最初に 重家酒造さんの焼酎を

定番ラインナップに したのが一夢庵かもしれません。(笑)

そして

そこから 人から人へ、

酒屋さんから酒屋さん、蔵元さんから蔵元さんと

縁がつながり、

おかげさまで 14年、

今に至ります。
市房山3



広がりを見れば

そんな感じですが、

店の基盤は 姫路市飾磨区なんですよね~~。


先日も

何度かお越しいただいていた

お客様のご予約を頂きました。

70歳以上の 爺様たちの 集まりです。

元 会社経営者  元県会議員、・・・・、

それなりのお立場で 人生の酸っぱいも甘いも

味わってこられた方たちの

宴会です。


愉しく ワイワイ 愉しんでいただきました。


焼酎が どうじゃこうじゃ。

これは 芋か?米か?などなど

お歳を召されており、楽しく呑むことのプロですが、

改めて『焼酎』っていう飲物を

知ってもらい 味わっていただく為に

家内も 私も

面白おかしく それぞれの銘柄を 伝える時間でした。



世の中は とかく 派手で

スタイリッシュで、おしゃれなことが

目を引きますが、

一夢庵の足元を見直した時、

こうやって

ご予約を頂く 

焼酎初心者の方から 

マニアックに楽しまれる方、

老若男女、

全方位 全方面で

愉しんでもらわないと、

一夢庵の値打ちが 無くなっちゃうと思っています。



愉しみ方のスタイルを押し付けるのは

ナンセンスです。

昔は許せませんでしたが、

今となっては

『梅干し入れて飲むのも OK,なんじゃないか?』とすら

柔軟に考えるようになりました。

(その代わり 使用する梅干しは めちゃくちゃ吟味して選びますよ。(( ´艸`)))))



小さな蔵元さんが造ってる銘柄だけを 扱うのではなく、

大きな蔵元さんが 造っているから

どうのこうのとネガティブ要素を並べることもなく、

幅広く 本格焼酎という嗜好品を

姫路の地で 少しづつ少しづつ 知っていただきたい”思い”が 

強くあります。

(強すぎるのかもしれません。(笑)))))

今 家内は 秘かに 日本一売れている芋焼酎を

買ってきて、

いろいろと 実験をしているようです。

(これは 企業秘密ならぬ 家内秘密です(( ´艸`)))))


まあまあ

そんなこんなの一夢庵でございます。


姫路は 台風の影響かどうか、

昨日までの暑さと陽射しとは 打って変わりました。

このまま 秋になるのでしょうか?



今日も

スタンスを見失わず、

柔軟な姿勢で、

柔らかな思考で 

まいりましょうかね。



スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1442-fd188aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)