二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



継続
テレビ無し生活が

もう2年以上。

もう 普段の生活の中で

私の中には 『テレビ』っていう言葉が 消えつつあります。


ニュースは ネットの環境さえあれば

不自由は感じないし、情報弱者になった感もない。



部屋で過ごす時間は

本を読んだりする時間が 物凄く増えた。


いろんな本を読んでると

なるほどと思うことが多々あり、

生活の中で活かしていこうと 思うことが多いのだが、

じゃあ 実際の生活で

実践できているかどうかと言えば、・・・・・・・。


本を読んで 知ってるつもり 出来てるつもりになってしまうことは、

物凄く危険性があるように思う。


結局 実践できるか否か こそが、最重要。


難しい本というか 

素晴らしい事が書かれている本の内容、

言葉は 難しい感じが使われているけど、

よくよく噛みしめてみると

実にシンプルなことの実践なんじゃないかと

感じることが 増えてきた。



それぞれの本に

それぞれに 素晴らしく最高なことが

書かれているが、

その素晴らしく最高なことが、

自分にとって最善かどうか、

自分の性分に あっているか

継続して続けられる内容かどうかを

最近 考える。

無理やり 力んで 実践するのも

私らしくないし、

かといって

脱力しっぱなしでは 話が始まらない・・・・・・。


適度な力み と 適度な脱力の さじ加減かな?(( ´艸`))))


と・・・・・・。

穏やかに 冷静に、

周囲の社会と協調して、

静かに思考を巡らせることが、

僕にとっての『最善』だと

思うようになってきた。


もっと的確に表現するなら

いろんな本を数多く読むよりも

同じ本を 何度も繰り返し読み返し

同じ文章から 前回とは違う思考にたどり着くのが

僕には あっていると 自覚した。

(どうやら 僕には 詰め込むよりも 反復が 性分に合ってる。)



見た目は

年々 眉毛が うすくなり、

笑っていても 怖いと 言われる私ですが

穏やか暮らしを願って生きている男ですので、

宜しくね。(笑))))
加治木駅の猫

また この写真使っちゃった。






スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1475-c967f366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)