二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



芋 だけじゃないよ。
先日

なんと三重県は鈴鹿市からのお客様、

神戸に出張なのに 姫路宿泊。。。。

ありがたい話です。


一夢庵の ホームページを かなり読み込んでいただいていたようです。


そのお客様・・・・・・。

普段は 芋焼酎だと、

当店にもある 甑島の吉永酒造さんや

霧島の 萬膳酒造さん・・・・・

様々な芋焼酎を お呑みになられているとのこと。


で、

折角 一夢庵に 遠路はるばるお越しいただいたわけですから、

芋焼酎ではなく

麦焼酎で 攻めて 行きましょうか(笑))

ということになり、

料理もお任せ、 焼酎もお任せ。


最終的には 11杯!

料理は 少量ずつで お出ししました。



お客様からのお言葉・・・・・

『こういう麦焼酎は どこで 呑めるんだ!

で、 どこで売っているんだ!

俺が 知っている範囲では ないぞ!!』

とのこと。



焼酎ブームも落ち着いている今、

芋焼酎は 日本各地で、比較的まんべんなく

”定番”ということで 一つのアルコール飲料のジャンルを形成しているのですが、

それ以外の 原料の本格焼酎は どうでしょうか?


私個人的に

麦焼酎に注力しています。


壱岐焼酎 大分麦焼酎を筆頭に

他の飲食店では 見ない種類をそろえています。


思うに

本格焼酎は 確かに 芋焼酎が牽引している側面は

否定しません。

味わいと香りがしっかりある常圧蒸留が 芋焼酎のほとんど。



麦焼酎というと

いいちこ・二階堂さんが 2強!


一夢庵で 扱っている 麦焼酎蔵さんが

束になってかかっても どうにもならない 生産量の差があります。

生産量の圧倒的な差は イコール 知名度の差でもあります。

でも

生産量だけが 勝負ではありません。


それぞれの味わいで勝負なされています。



焼酎ブーム以降

麦焼酎蔵さんの多くが、

原材料の見直しをされています。

外国産の麦から 国産の麦、に

変えられたり、

麦の種類も 増えました。

壱岐焼酎のように 米麹を使うもの、

大分麦焼酎のように 麦麹をつかうもの、

長期にわたる貯蔵熟成されたもの、

アルコール度数の違い、、、、、、、。

常圧蒸留もあれば 微減圧蒸留 ・・・・・・・。


きっちり扱い

お客様に 間違いなく説明するには

かなり高いレベルでの 商品知識が 必要不可欠。

品数の多さだけでは 

お客様は 納得していただけません。

当然 

料理とのバランスも 必然です。


私は しっかりと カウンターで

説明を求められれば

それぞれの蔵元

それぞれの焼酎の 説明を

しっかりお答えしています。



長々と書いてしまいましたが、

芋焼酎だけが 本格焼酎ではありません。

麦もあれば 米もある

黒糖もあれば それ以外の原料の本格焼酎も

生産量は少ないかもしれませんが、

たくさんあります。


一夢庵は これからも 幅広く 

本格焼酎の魅力を発信できるように

精進します。

宜しくお願い申し上げます。

今週末 5日は

長崎県の壱岐で、

麦焼酎を造っておられる 重家酒造さんの

焼酎と 壱岐の食材のコラボイベントに参加してきます。

製造中の蔵元を訪れるわけですから、

実は 先々週から 発酵食品は 口にしておりません。

納豆好きですが 我慢しております。(笑)))

納豆菌は 製造中の蔵には 厳禁!!ですからね。



ですので 

5日は 一夢庵 お休みです。





また

今日 入荷した

福岡県は朝倉市の麦焼酎

ゑびす酒造さんの 

『らんびき 7年熟成古酒』

『ゑびす蔵 全麹仕込み7年古酒』

ゑびす酒造らんびき


間違いなく 本格焼酎ワールドの可能性を広げてくれる逸品です。


まだまだ いろんな本格焼酎が あります。

本格焼酎は 楽しい酒だぜ!!!!!









スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1477-d5606fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)