二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



真っすぐな道でさえも
自分の店の 存在価値、

言い換えれば 

社会的価値・・・・、

近頃 そんなことを考えたりします。



私は

料理の仕入れから 調理、

調味料も 何もかも

今まで積み重ねてきた一夢庵のコンセプトを

ブレない様に 選び・仕事にしています。


美味しいものを 美味しく食べてもらうには

それなりの経費が 掛かります。


もうすぐ 牡蠣のシーズン到来ですが、

その牡蠣も 私の目で吟味して、

信用できる業者さんからしか 仕入れません。

坂越の牡蠣なら 何でもいいというわけではありませんよ。


品質の高いものは 当然それなりに値段がします。

当たり前です。

(とはいいつつ 品質の良いものさえ出してれば 
売れるんだの時代ではないことも理解しています。)


時々

お初に お越しいただいた お客様に 言われます、

『焼酎も 料理も 美味しいな、けど ええ値するな~。』って。


そうやって 言われたときは

『いや~~、そうですか、

安い料理と 安い焼酎を

出そうと思えば出せますけど、

そっちに路線を変更すると、

今まで まがいなりにも積み重ねてきた事を 自分で

否定することになってしまうし、

今まで支えてくれた お客様を裏切ることになります。

価格競争に 突入すると

資本力の差で うちみたいなちっぽけな店は 

一瞬で 飛んでしまいますわ~~。

って カッコつけてますけど

味と価格のバランスに問題あるかな~~~』

そういうと、

『いや==この味で この価格は 問題ないで~~。』って

そのお客様は おっしゃってくれるんです。





当然 店としての努力はしますよ、

ちょっとでも お安く出せるものは そうしたいですもん。


でも 

時代は そうじゃない流れが

大きく強くなってきたように 感じます。

お洒落な造りで 見栄えのする料理、

時間制限の呑み放題は もはや世間の常識・・・

結果

美味しくもないし 不味くもない、

ただただ カロリーを摂取しただけで、

命を頂き

栄養を補給した感じがしない・・・・・・・・。

なんだか 満たされた感じもしない。

むしろ逆に 

身体を痛めつけてしまったかのような食事と酒、・・・・・。

まあ これは 私の一個人の意見ですけどね。



人それぞれに 味覚も違えば

飲食店に求めるものも違うでしょう、

当然 TPOも ありますから 一概に言えないのは当然ですがね。



ニーズを 見定めることも 必要ですが、

あまりに 強烈な路線変更は

わたしには 出来ません、


ただ

車の運転でもそうですが、

直線道路を走っているときも

微妙な ハンドル操作と アクセル操作は

しなければならない様に

一夢庵の運転(経営)も そうすることは 必然だと

考えています。




スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1495-25b8f5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)