二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



出会ってない。
『まだ 出会ってない。』

一夢庵は 本格焼酎に特化した居酒屋です。

わたしと家内で 厳選した本格焼酎を ラインナップしています。


その多くの銘柄は 焼酎マニアの人ならば 

誰しもが 知って一度は味わったことのある銘柄ですが、

一夢庵のお客様は 焼酎マニアな方ばかりでは無いのです。




『米焼酎は 苦手、でも 泡盛は美味しいよね。』と

私は瞬時に その方のおっしゃることを理解しました。

『じゃあ こんな米焼酎は いかがです、ちょこっとですが・・・・。』

熊本県 人吉市 寿福酒造さんの造る

『武者返し』 しかも 35度を 少し加水して・・・・・・。

武者返し 35度


『美味い!!何の抵抗もない!!』



やはり、想像した通りなんですよ、

そのお客様 実は 米焼酎が苦手じゃないんです、

『まだ 出会ってない!』

それだけなんですよね。


シェアーの大部分を占める

大手メーカーさんのお酒が

美味いとか不味いとかではなく、

生産量の少ない小さい蔵元さんの手造り焼酎だから

美味しいとか不味いではなく、

一人一人のお客様の『美味しい』に 確実に

応えられるかどうかなんです。


少々 専門的な言葉ですが、

常圧蒸留なのか 減圧蒸留なのか。

どういう風な造りをされているか。

で、 どのような風味なのか。


私も家内も 一夢庵のラインナップの焼酎は すべて

把握しています。(当然です)


このお客様のように

泡盛は お好きなのに 米焼酎は苦手・・・・・・。

おそらく想像するに・・・・・・と 

道筋を導き、

違和感を感じないであろう銘柄を味わっていただく。



『焼酎を知っていただく。』

これこそが

一夢庵の仕事です。





ちなみに 常圧蒸留

今 まさに我々が生活している 一気圧の状態で

醪(もろみ)を 沸騰させる蒸留方法。


減圧蒸留、

醪を沸騰させ蒸留する事は同じですが、

その環境が 減圧状態、、、、

つまりは 気圧を低くして 沸点(醪の沸騰する温度)を

低くした蒸留方法

富士山の頂上では 水は100度ではなく およそ88度で沸騰するのと

同じで 気圧が低ければ 沸点は下がります、その理屈です。



まだまだ お話は続けたいですが、

続きは 一夢庵のカウンターで・・・・(笑)))






スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1497-636d8541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)