二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



旨さ。
『これ アテの要らん日本酒や。』

日本酒を飲み慣れているお客様に

試しに仕入れたお酒を 利いていただいた時のお言葉です。



実は

まさに このお客様の言葉、

私の感想と同じでした。



『アテに要らん日本酒』

めちゃくちゃ美味いんだけど、

漬物が 少しあれば それでOKなお酒・・・・・。


私は 清酒は 日本人にとって 『King of 食中酒』 だと思っているし、

それはこれからも 変わらない。


焼酎は 蒸留酒として 世界唯一の食中酒だと 思っているが、

一夢庵では 清酒に追い付け追い越せを目指して、

食中酒としての本格焼酎の魅力を 追い求めている。



『アテが要らない。』

呑み手が そう感じてしまう清酒・・・・。




確かに 『旨い!』酒なんだけど、

『旨い!』って

1升瓶を飲み切った時に

ふと感じる 

『この酒 旨いな~~。』っていう旨さと

盃一杯飲んだ時の

『この酒 旨いな==。』っていう旨さ、

双方とも

『旨い』って言葉で表現されているけれど、

ベクトルは 異なると 考えます。



ついつい

『料理に寄り添って 杯が進んでしまう酒』、

私が好きなのは 清酒 焼酎 ワイン 問わずに

そういう酒です。

からからで さしつさされつ、
からからで 優しく燗につけた 前割りの焼酎を さしつさされつで・・・・・・

まさに 食虫酒の極みのひとつですな~~~。




私は ついつい杯が進んでしまう“料理”を

求めていきたいと 思っています。














スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1506-434db1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)