二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



野菜サラダの『掟』 その3
誤解のない様に 一言言っておきますけど、

別に その野菜サラダのスタイルを否定しているのでは

ないんですよ。

それぞれの店に それぞれのスタイルですからね~~。


で、


私はというと

一夢庵のお品書きを

考えるうえで“オリジナル” であるということ、

別の言葉でいうなら

“一夢庵ならではの 独自の料理”ということを

強く考える。


一つの例、

話の流れでせっかくなので、“野菜サラダ”を 取り上げると、

素材の野菜は 

季節によって また 日によって 変わります、

私の眼で 出来る限り 地元姫路の野菜を仕入れます。

ドレッシングも

地元の野菜の美味さ 鮮度 力強さを 出来るだけ感じてほしいので、

極力シンプルな味付けしかしません。



お品書きには 先日まで 

『グリーンサラダ』って

書いてましたが 今年に入ってから

『葉っぱ盛り』って 表記に変えました。(笑)

そのほうが より一夢庵らしいと 考えたからです。


っていうように 内容も ネーミングも

独自の表現を 重要視しています。



実は このオリジナル・独自性ってことを

より強く考え始めたのには

とあるお客様の ある言葉があったからです。


『新しくできたお店に行くと、

○○で食べたかな~~って雰囲気を強く感じる料理が出る、、、、

尋ねてみると

やはり ○○の調理場で 勤めていた・・・・。

その店の料理人が 過去 修行してきた店の料理そのもの。

言うてまえば 『コピー料理』だ。

残念なのは コピーは そもそも劣化していて、

いくら努力しても

そのオリジナルを超えることはない。』

と 話されていた。



そういう 私は

とある店の料理を食べて

そこの御主人が 修行されていたお店を 

当ててしまったことが 数回ある・・・・。




さらに 別のお客様の言葉、


『あと10年 20年先を考えた時、

修行してきたお店のレシピを 頑なに守った

同じような味わいの店ばかりでは

差別化が 全く 図れるはずもなく、

ただただ 意味のよく解らない競争に巻き込まれるだけではないか?

これでは お店の経営を 成り立足せ続ける難しいのではないか?』

『それに 決まったレシピ通りの料理なら、

チェーン店でも 個人店でも 

お客様側から見れば 何ら変わりない、

何のために 厳しい修行を治め

そこそこの大金を使い 独立し 自分で看板をあげたのか?』



この言葉も 私の脳裏にしっかり刻まれている。



つづく


真冬の水くみ

この状況で ノーマルタイヤで来られている人がいる・・・・。
それって危険は自分だけじゃない!
周りの車は勿論 歩行者に 危険が及ぶ場合もあるんだけどね~~。

真冬の水くみは そういう意味でも 怖いぜ~~。(( ´艸`))


スポンサーサイト

テーマ:料理レシピ - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1520-06dd91fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)