二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



『割る』ということ その2
本格焼酎を 水で割る。


こうやって 何度も何度も 言っても

『薄めないと呑めないんでしょ。』と

思っておられる方が・・・・・・・。



まあ それでもいいんですよ、

本格焼酎に限らず 清酒も ワインも 嗜好品ですから、

だって

世間が 美味しい 美味しいって評判の清酒を飲んでも

私は 正直 それほどの美味さは 感じない。

赤ワインは チャレンジし続けているが

未だに 苦手だしね。(( ´艸`))




まあ 一夢庵としては

水やお湯、言ってしまえば 味も香りもないもので

『割る』と 言うことを突き詰めていくと覚悟している。

水をはさみながら


で 近頃考えるのが、

水・お湯っていう 味も香りもない無味無臭のもので、

『割る』味わいは 実は 日本人の味覚でしか

感じえないんじゃないかと 思い始めたんです。


芋焼酎の場合 

世に出ているほとんどの製品は 『米麹』

どれほど日本の食生活が 欧米化しても

米の甘み・旨味を 感じることには 

日本人が世界中で 特化しているのは 間違いではないはず。


実は 

この麹由来の旨味と味わいを 引き出すのが 

水・お湯で割るということではないか?




つづく
スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1540-914c9441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)