二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



『割る』ということ その3
西洋の蒸留酒って

素材由来の旨味と味わいを愉しむ

というよりも

味や香りを 付属することで

愉しむ要素の強いアルコール飲料って感じがするんですよね~~。


それに対して 本格焼酎って

素材由来の旨味と味わい、

麹由来の旨味と味わいのバランス・・・・・。


言葉で書くと 単純明快なんだけど・・・・・・、

素材由来の旨味と香りの

ファーストインパクトの後に

ふんわりと あがってくる

麹由来の甘みと美味み・・・。 

このあたりの特徴が 

世界を見渡しても類を見ない

“食中酒としての蒸留酒”たり得る所以じゃないかと

思うのです。



先日 鹿児島の 焼酎バーで

いただいた お湯割り・水割りは

ファーストインパクトを重視した割り方をされている様に

感じたんですよね、

それに対し

一夢庵の水割り お湯割りは

ファーストインパクトよりも

後からあがってくる風味を重視してる

と 言っても いいかと思います。


それぞれの飲食店さんで それぞれの水割り・お湯割りがあり

また 人それぞれの嗜好があり、

これが正解だ~~!!というのは ないですよね~~。

割り方は 無限ですし、

本格焼酎の美味さのどの部分にフォーカスするかは

これまた 面白いんです、

美味さと味わい・香りの愉しみ方を

可能な限り立体的な奥行きのある表現方法を

もっと 見つけていきたいんですよね~~。

宮田本店さんから 紅はるか


それぞれの蔵元さんで それぞれの酒質があり、

それぞれの特徴があります。

一夢庵では

蔵元さんそれぞれの特徴を捉え、

それぞれの銘柄の酒質を理解を深めたいのです、

そうすることで

また 一夢庵の水割り・お湯割りは 新たな局面に

辿り着くかと思っております。




つづく



少し春らしくなってきました。

店先の植物も 新芽が 出て来よる、

季節は 巡る・・・・・・・。


スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1541-13dd0511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)