二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スタイル 選択肢
いまでは

僕の生活に 欠かせなくなった インターネット。

いろんな情報が まさに 溢れかえっている。

必需品と言っても 問題ないね~~。。




私の年代なら すっかり大人になってから

急速に発展したネットに出会い、

最初は 若干の恐怖感すらあったが・・・・(笑)

所詮 “道具”だと 僕は認識している。


使い方 使われ方の問題ですな~~。


いろんな情報を 仕入れるのは簡単。

仕入れても 自分なりに どう活かすかが 課題。


一夢庵のスタイルも 然り。

飲食店を取り巻く情報は 溢れかえっており、

都会の流行りのスタイルも 海外のスタイルすら

すぐそこにあるかのように感じてしまいます。


でも 一夢庵は

繁華街でもなく 大都会でもなく 駅前でもない場所にあります。

よそ様のスタイルを参考にはしますが、

そのまんま 完全コピーは おそらく

今の立地では いろんな意味で 継続していくのは不可能でしょう。



以前 お客様との会話で、

『とある駅前で 繁盛している居酒屋さんが

駅から離れた 割安のテナントに 2号店を出店、

駅前を同じスタイルを したものの・・・・・、

立ち行かず 撤退。』

まあ ざっとこんな感じの内容でした。

聞いただけの話なので、

何とも言えないですが、

駅前には 駅前の。離れた立地には 離れた立地の 

やり方が あると思うんです。



確かに 大都会の 市場キャパの大きな場所に

憧れがないといえば ウソになりますが、

今のこの辺鄙な立地(お客様にそう言われます。)で

やり続けたいっていう考えのほうが 強いんですよね~~。



そりゃ 商売ですから

『売ること』は大事です。

大事ですが 最重要課題だとは 私は思っていません。

最重要課題は 『伝える事』です。



一つ一つの焼酎を 正しく伝え 

食材の一つ一つを 正師く伝え調理し・・・・

そして結果、

売ることに 繋がるのが 私の理想です。



あくまで理想。

でも それが 私の性分に あっているし、

長く続けられそうなんですよね~~。


違う考えのスタイルを否定はしません、

むしろ そうやって 同じ商売でも スタイルの違いが

あるからこそ、お客様にとって

『選択肢』が 広がるわけですからね~~。

そのうえで

お客様の『選択肢』の 一つに

『姫路で本格焼酎呑むなら一夢庵』 って入れば・・・・・。

この上なく 名誉なことです。


後頭部
(だいぶ 髪が伸びてきました。 )


さあ なんだか

冷たい雨が降ってます。


淡路から 瀬戸内のサワラ!

地元の アサリ!

野菜も 全部 地元産。

仕入れております。


焼酎も 家内とセレクトした、

間違いない味わいの銘柄を ご用意しております。

一夢庵 ならではの

水割り・お湯割りを ご賞味ください。

今日は肌寒いけど、これからは炭酸割りっていうのも

アリですな~~~。(( ´艸`))





スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1568-ec2d5497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)