二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ズバリ言おう!!呑みにく焼酎は存在しない、吞みにくくしてしまっているんだ!!
今も また

改めて 考えてみた。

『呑みやすい、もしくは 呑みにくい焼酎(銘柄)。』って

何をいわんとするのか?


『呑みにくい』 

って 何???


口当たりのピリピリする感覚?

あまりに強すぎる香り?

アルコール度数?

それとも ただの先入観?


人によって 様々でしょうが、

今までの経験上、

多くのお客様の反応 言葉をふまえて

はっきり申し上げましょう!!

『呑みにくい焼酎(銘柄)』は ない!!


瓶詰めされ商品化された焼酎のすべては

それぞれに 良さがあり それぞれの特徴があります。

その良さと特徴を

台無しにする提供方法こそが

『呑みにくさ』の元凶になってしまっているんですよ。



先日から 

とあるチェーン店さんに 何度か通ってみました。

お湯割りを 何杯か いただいたのですが、

やはり 提供のクオリティーが 一定ではないです。

熱かったり ちょうど良かったり・・・・・。

濃く感じたり 薄く感じたり・・・・・・。


正直 美味さのポイントを外したお湯割りは

『呑みにくい』です!

というか

その銘柄の美味さ・特徴を 表現しきれていません。




つまり 呑みにくい 呑みやすいの違いは

銘柄の差や 造りの上での麹・酵母 蒸留法 アルコール度数の違いではありません!!

問題は お客様に提供する際のクオリティーです!!

カウンター


それに関して もう一言

『不味い焼酎』も ありません。

(流通過程や 保存状況における品質の劣化ということは
ここでは 一旦横に置いておきます。)


“不味い”のではなく

“美味しさのポイントの幅が狭い”焼酎なんです、

だから 

“美味しさのポイント”を外してしまうと

本来の味わいや特徴が台無しになって 

結果 “不味い”って 言われてしまうわけです。

しかし

“美味しさのポイントの狭い焼酎”は

実は 美味さのピークのポイントを 見つけて

適切に水割り・お湯割りすると

素晴らしく美味いとも 表現できるわけです。



一夢庵は 本格焼酎における

美味さのポイントを 見つける為に

毎年のように 九州の蔵元さんを訪れ

何かのヒントを 探るのです。

ただただ 酒屋さんや蔵元さんと仲良くする為ではありません。

ここでは決して書けない 意見の相違による熱すぎる論争も

たまには あります。(笑)

お互いの立場で 切磋琢磨したいんです。



ややもすると それぞれの銘柄の『あら捜し』の様な

事にもなりかねませんが、

鑑評会なら それでもいいでしょうが、

(鑑評会って行ったことないですが 水割り・お湯割りで審査されるんでしょうか。
ストレートで審査されておられる印象しかないですけど・・・・)


一夢庵のカウンターは 鑑評会ではないので、

それぞれの良さを最大限に表現することに 

集中するべきだと考えております。


そして 美味さのポイントを 探り当てると、

それぞれのお客様の好みに 

アジャストした 水割り・お湯割り・ロックの提供も

可能になるんです。

実際に

お二人のお客様に 同じ銘柄の芋焼酎をお出しする場合でも

家内は それぞれ お湯割りにする際に

美味しさのピントの微妙に違う2杯を

作って お出ししています。

そのことを気づいておられるお客様が

わざと お互いの杯(同じ銘柄のお湯割り)を 味見して、

『ね。違うでしょ。』って お連れ様に言われておりました。



ただし 嗜好品である以上

人ぞれぞれに それぞれの好みは 必ず存在しますよ。



水・お湯・氷 と それぞれの本格焼酎・・・・・。

シンプルなブレンドかもしれませんが、

いくらでも表現方法はあるんです。


例えるなら、

墨 一色の濃淡で 表現する水墨画なんです。


それが 一夢庵の表現したい 食中酒としての蒸留酒、

日本の本格焼酎なんです。


カクテルベースとしての本格焼酎も

(例えるなら、水墨画ではなく 油絵)

あり!!やと

考えておりますが、

一夢庵は まずは 食中酒としての本格焼酎を 探ろうと思います。


それに合わせる料理・・・・実は それこそが 課題です。




タラタラと 小難しく書きましたが、

居酒屋として 本当に一番大事なのは

気持ちよく呑んで・食べて、気持ち良くお帰りいただく ・・・・・・。

一夢庵は そう考えております。






スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1569-0ff8e0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)