二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



続いては 、、、呑みやすい焼酎って?
『呑みにくい』っていうキーワードで

前回書きましたが、

じゃあ 

『呑みやすい』っていうのは???


“軽快でさわやか”

とか

“スッキリ 口当たりの良い”

などという 文言が

芋焼酎でも 麦焼酎でも 黒糖焼酎でも・・・・、

焼酎の紹介されている文章に 書かれています。


軽くて 爽やかで 口当たりのよい・・・・スッキリ。。。。



実は 私個人的には

『そういう理由で 呑みやすい』と感じたことは

昔から ほぼほぼゼロです。


実は この

『呑みやすい』っていうのが

『呑みにくい』よりも

解釈が 難しい!!



『呑みやすい 芋の水割りください。』

オープン以来 

お客様のリクエストで よく言われる

『呑みやすい』っていうキーワード・・・・・・。


確かに

スッキリ爽やかな 軽い風味の銘柄は 呑みやすい、

しかし

味わいのしっかりした 素材の風味が溢れる銘柄も

呑みやすい・・・・・。

さあ

このお客様のリクエストの正解は?????



家内と ず~~~~っと議論してきましたが、

実は

『呑みにくい焼酎』の時に書きましたが、

それぞれの銘柄・蔵元さんの

特徴・酒質を きっちりと 水割り・お湯割りで

100%のパフォーマンスに近い表現すれば、

『どの銘柄も 呑みやすい焼酎』だという 一応の結論に

達しました。

(今後 また何か別の結論にたどり着くかもしれません。)


ですので

今 『呑みやすい焼酎』のリクエストを頂いた場合、

『普段 どんな銘柄の焼酎呑まれてますか?』っていう質問を

させていただき

その お答えをもとに

『そのお客様が 呑み慣れている銘柄のイメージに近い銘柄』を

お出しする場合が多いかな~~~。

(逆に 意表をついて おそらく出会ったことのないであろう味わいの銘柄を
お出しする場合も 実はあるんです。)

くしくも

先日 とある酒屋さんに 訊ねられました・・・

『一夢庵さん 今 焼酎は どんな感じで 何が売れてます?』

『いや~~、実は うちは

何か特定の銘柄が 突出して売れるっていうのは ないんです、

有名銘柄でも 妙にありがたがって飲まれる方もいないですし、

だから 何が売れてると言われましても・・・・・・。』って

感じなんですよ。

重要なのは 銘柄とかトレンドっていう事よりも

お客様に

一夢庵で 呑む焼酎は 家で呑んだり 他所のお店さんで呑む焼酎とは

確実に 何かが違って

『旨い!』って 感じてもらえるかどうか。

そうでないと

意味が ないんです。


蔵元さんが 一生懸命造った焼酎を

おなざりには扱いたくありません。

美味いと思って飲んでいただきたいし、

一夢庵は 市場の最末端で

お客様に 一番高い値段で 呑んでいただいているんですから、

その分 価格に見合う“美味さ”を 表現し続け

求め続けないければいけないんです。

それが 本当のコストパフォーマンスです。

安さと量だけに言及したコスパとは 全然違います!!と 断言しちゃいましょう。。。(笑)


夕闇せまる

陽が長くなってきましたね~~、

群青に染まり始めた夕闇・・・・・・・これもまた 綺麗だ。


先日は 仲良くしている とあるワインバーの16周年、

祝!!16年。。。。


僕も そうなれるように 歩んで行きます・・・・・・。



スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1570-e073c1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)