二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎の“配球”
本格焼酎専門の一夢庵ならではの、

本領と言いますか、

お客様に伝わってほしいな~~って思う事って

なんなんだろうって たまに、自問自答します。


お客様のリクエストや 反応を 参考に、

お出しする料理と お出しする本格焼酎を

組み立てていきます、

銘柄も 100種以上あれば、

お客様に本格焼酎を愉しんでいただけるだけの”引き出し”は

十分 足りてます。

(まだこれからも それぞれの銘柄の可能性、新しく出会う蔵元さんや
新しく出会う銘柄の開拓は つづきますよ=)))


料理も 焼酎に寄り添い 食中酒としてのバランスを

高め合えるように目指します。



何杯か呑んでいただき 反応を見ていると、

その方の好みが 解ってきます。


すると

まるで ピッチャーが 打者の得意 不得意の球種を把握し、

配球を組み立てるかの様に・・・・・・。


お湯割り 水割り ちょっと加水したロック・・・。

一つの銘柄でも その“配球”は 可能ですし、

いろんな銘柄を 使っての”配球”も 当然 可能なわけです。


(水割り・お湯割り・ロックに 加水…同じ銘柄でも
これだけの表現方法を 可能にしていることが
清酒やワイン・・などと比べた時の 本格焼酎の最大の特徴と
言いきっても いいと思っています。)



『これだけの銘柄 女将さん、全部把握してるの?』って

訊ねられるお客様が いらっしゃいますが、

『はい、全部 そこそこには理解してますよ。』と 

家内は 微笑みながら ・・・・・。



で 家内から つぎに どの銘柄を 

どうやって(水割り・お湯割り・加水・・)お出しするかを

チョイと聞けば、

料理は何をお出しするか・・・は 自然と “配球”はできます。




で、

野球のピッチャーが投げる”配球”と

一夢庵が お客様に お出しする焼酎・料理の”配球”には

決定的な違いがあります。

それは

三振を取るための配球では ダメだということなんです。

アウトを取るのではなくて、

最終的に お客様に クリーンヒットを打っていただく為の“配球”なんです。


カウンター越しに お店とお客様は 勝負をしていると言えば

しているのかもしれませんが、

そもそも 嗜好品である 本格焼酎を飲んでいただくのは

そんな 堅苦しいものではないと思うのです。

それぞれのお客様の反応から

いろんな”配球”を考え

敢えて 投げるボール球もあれば

ギリギリのストライクも必要だし、

一夢庵としての得意玉も 必要なんですよね~~。



『やっぱ 一夢庵の焼酎は美味いわ~~。』と

一塁ベース上(お帰りになるときに)で

評価いただけたら

最高の仕事ができたんじゃないか!と 自画自賛なわけです。(笑)))



食中酒としての

本格焼酎は まだまだ 未知の部分があります。

(毎日 毎日 焼酎に触れている一夢庵だからこそ 
未知の部分が わかるんです。)

世界を見渡しても 

食中酒にたりえる蒸留酒は 本格焼酎だけだと言っても

過言ではありません。


その可能性を 深く探求していけるよう、

アンテナ広げて ぼちぼち
 
参りますかね!!。(笑)





岩手は 三陸宮古から、『時知らず』

島根は 隠岐から 岩牡蠣『春香』入荷してます!!!


全く 関係ないけど
僕の後頭部は 今 こんな感じです。(( ´艸`))))

後頭部

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1571-cdf11d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)