二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



美味さの方向性
黄砂に吹かれて~~、

すっかり鼻が グズグズ。。。。。


今日のような 雨の播州姫路、、

それでも なんだか 目と鼻が・・・


で、

先日 とある酒屋さんとお話をしてて・・・・・、

『酒屋が売りたいと思う酒と 

飲食店さんが欲しいと思う酒が

乖離している気が時々する。』 との話題。

まあ ある意味 

あたりまえな話なんだけど・・・・。


『単品で 美味さが 完結してしまいがちな酒と

料理と合わせて飲むことで 料理と酒がお互いに 寄り添い

美味さを発揮する酒が あるよね。』




一夢庵は 本格焼酎に特化している居酒屋なので、

自然な成り行きといは言え

私のつくる料理は  ざっくりと 本格焼酎に合うイメージで

味わいとバランスになっている。


その料理に

いきなり 香りが特徴の 清酒や、

米の風味の 強い播州の地酒を当てはめても

やはり 私はバランスはとれないと思っている。


ワインも よその国のワインでは同じく バランスを欠く、

国産ワインも 何種類も味わったが、

洋の雰囲気がする銘柄よりも

和の雰囲気がする名銘柄のほうが 私は好きだ。


数年前に

とある蔵元さんから

『近頃は 食べ物と合わせる酒というよりも

酒単体で評価されてしまう傾向が強いので、

どうしても 料理と合わせるという感じのする酒が

少ないね~~。』と

おっしゃる方がいた。

まあ それはそれで お酒の表現方法の一つだから

何の問題もない。

いろんな側面を併せ持つのが 和の酒の特徴だと

私は 考える。


ただ 一夢庵としては

食中酒としての本格焼酎の表現を求めているので、

単体での美味さを重視するものとは 方向性は異なる。



実は

今まであまり気にしなかったのだが、

こんな話をした後、

ふと気になったことがある。

清酒や 本格焼酎の鑑評会は、

酒単体での評価であり、

料理と合わせることを前提とした評価ではないんじゃないか?

ってこと。

殊更 本格焼酎の場合、

常温のストレートで、評価される・・・・・、

水割りやお湯割り ロックや ちょい加水した場合の 味わいや香りとは

違うわけだ。

(評価する人が そこまで考慮して選んでいればいいのだが・・・・・。)

だからと言わけではないが、

私も家内も 鑑評会の結果は 尊重するが

絶対視することはない。


あくまで

食べ物とのマッチングや

お湯割り 水割りにした際の 味わいや香りを

何よりも重視し 店のランナップを選別する。




水割り お湯割りは

まさに 飲食店の腕の見せ所なわけで、

如何に その焼酎の良さを引き出し

如何に それに合う料理を作るかだ!




5月 9日・10日は

その語呂から

こ・く・とう。

黒糖焼酎の日というわけですが、

一夢庵は 年がら年中 全ての本格焼酎の日なんですよ~。(( ´艸`))


ご存分に本格焼酎をお楽しみあれ。



ニラ

地元姫路の ニラのおひたし。

辛さはゼロ、 むしろ甘味すら感じる

知る人ぞ知る一品なのです。

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1574-dfef2ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)