二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



限りなくベストに近いパフォーマンス。
アサヒビールのメンテナンスの方が

やってきた。


一夢庵の生ビールサーバーは

普段の掃除を バチバチにしてるので、・・・・。


『めちゃくちゃ綺麗ですよ。』と

いつも お言葉をいただく。

アサヒビールさんの熟撰のページにも

掲載させていただいています。


メンテナンスというのは

樽から サーバーにつなぐホースの交換。

ホースは 耐圧の素材でできているんですが、

その素材が 経年劣化する消耗品なので 

交換というわけです。

ビールサーバーのメンテ



で、

『サンプルなんですけど。。。』



アサヒビールさんが 4月に発売された新商品の芋焼酎。

一口飲んでみると、

『おっ、ええ感じ。』


聞くと

ニッカの門司工場で 造られているようだ。

(ニッカの門司工場の歴史は とても 興味深いですよ。)


一夢庵のランナップにするかどうかは別として、

ちょいと 家呑みで 買ってみようと思わせるほどの味でした。




本格焼酎専門の一夢庵の店主としての私は

大きなメーカーだからとか

小さな蔵の造り手だからとか

そういう理由では 判断しない。


大きな企業のメーカーさんが いるからこその小さな造り手さんであり、

小さい蔵の造り手さんが いるからこその大企業メーカーさん、

お互いに 市場理論だけでは説明できない理由で

共存ができる、、、、

まさに 嗜好品ならではの 業界だとも 思っている。


先日の ゑびす酒造さんも

麦焼酎、しかも 『熟成』というキーワードで

頑張っておられる。


それぞれの蔵が それぞれの考えで

多種多様な味わいを 造る。。。。



いいね~~~。


当然 流行りの味わいや 香りや

ブームは あるけれど、

流される部分も あっていい、

流されてはいけない部分も あっていいわけです。



清酒 焼酎 ビールに ワイン・・・・・

そのほかにも いろんな酒類が

日本で製造されていますが、

これほど多種多様なアルコール飲料を 製造している国って

他に類を見ないのではないでしょうか?



本格焼酎だけを見ても

日本中に どれだけ製造場があり、

どれだけの銘柄があるのか。。。。


しかも

原材料の加工 から 瓶詰出荷に至るまでの

全ての過程を

こなしている蔵元さんの数たるや。



もはや それは『個性の塊』でもあるわけです。




そんな蔵元さんが造る

それぞれの酒類、

完璧なパフォーマンスで

お客様に飲んでいただきたいものですな。



アサヒビールのメンテナンスの方は

一軒一軒の飲食店の ビルサーバーのホースを

新しく取り換えながら、

『うちのビール よろしく!!』って

思っているはずです。


『あとは うちに任せときなさい!!!』




これからの季節

焼酎はもちろんですが、

生ビールの美味さは 格別です!!!


スポンサーサイト

テーマ:ビール - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1583-4cc5ea78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)