FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お店の空気
高校時代の同級生が

京都で

燻製と地ビール 和知っていうお店を

経営しておられる。



そんな彼が

一夢庵に 来てくれた。。


その日は 偶然 高校の同級生が 不思議な縁で

ふんわりと 集まった。。。


我々の学年は 500人を超える同級生、

当然と言えば 当然だが

学生時代に全く言葉を 交わしたことのない同級生もいるが、

この歳になれば

そんなことはお構いなしに おしゃべりしやすい。

ワイワイと盛り上がる中、

家内と 彼が カウンターで

ほかの常連さんを交えて会話していた。



彼の店も 

一夢庵と同時期に オープンしている。

正確には 1年先輩、

お互い、今までずっと暖簾を上げ続けさせていただいている。



そんな彼が

『とてもいい空間だ!
15年間 夫婦で ずっと 真正面を見続けないと
できあがらないよ。』

と 評してくれた。


ちょっと恥ずかしくなる言葉だが、

ふと冷静に 考えると、

お店っていうのは 

ある一種の限定された

“空間”という 一面は 確実にある。



その店の“空気感”は

店主だけでつくれるモノではなく、

お店に 関わる全ての人、

お客様も含め お世話になっている業者さんも

みんなの影響で じんわりと 形成していくモノのような気がする。



美味しい料理なのに 何故か 居心地良く感じない店、

硬くて小さい椅子しかないのに すごく 居心地よく感じる店、

まったく何も感じない 店、

無味無臭の無機質な雰囲気を 強く感じる店・・・・・


飲食店が 100軒あれば

100通りの雰囲気がある・・・。

特に 個人店なら より強く そのお店の雰囲気を感じやすい。


一夢庵が マニュアル化できない理由は

こういうところにも一因があると 思っている。

(そもそも マニュアル化を希望してるわけではないけどね。(^∇^)


ちょっと話が 脱線しちゃったけど

それぞれの店で

そう感じるのは 僕だけかもしれないが、

家内も 少なからず そう感じているようだ。



15年 私と家内の二人だけで のんびりしてきた一夢庵には

ぼんやり のんびり ふんわかした空間が ひろがっているな~~って

感じていただけるように・・・・・・・。

時間を気にせず ゆっくり焼酎を傾ける・・・・・

そんな店でありたいと願ってます。



まあ ボチボチ まいりましょう。

蜂

この暑さ 店先の植木鉢の水で 渇きを癒しに
ずっと 蜂がやって来ます。




これを機に

京都の彼の店に 呑みに行こう。

彼の若いころを知っているだけに

なんとなく 

彼のお店が 醸し出した空気感は

想像できるけど、

その想像を裏切る空気感を 感じることができそうな

ワクワク感も 感じる。

存分に 味わいに行かねば!!







スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1602-b9d5a569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)