FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



新しい銘柄を理解する。
一夢庵の 本格焼酎のラインナップ・・・・。


いつまでも固定しているわけではなく、

新しい商品が出ると

大手ナショナルメーカーさんの 銘柄も

できるだけ 味わいを確かめます。

(さすがに 世の中にある全銘柄とまでは いいきれません。)


今日も

新たに 2種類の焼酎が 一夢庵にやってまいりました。



家内も 私も

白麹だとか 黒麹だとか

酵母に何を使ったとか

蒸留方法 熟成期間 ブレンドなど

製造上のスペックは まったく無視して、

情報は真っ新のまま 味を利くんです。




そのうえで

既存のラインナップとのバランス・・・

『この味わいなら あのお客様は 好きかもしれない。』って

顔が浮かぶか・・・・。



ただただ  美味い不味いだけでは

判断しません。




特に 既存に 何種類かラインナップしている

蔵元さんの 新しい銘柄となると、

これまた 難しいのです。



お客様に 

今間での既存の銘柄との 明確なキャラクターの差が

判っていただける表現ができるか・・・。

この場合の表現っていうのは

水割りお湯割りの表現方法ってことです。



常々言っているように

水割り お湯割りは

水入れるだけ お湯入れるだけとは

違います。

ロックでも 氷を入れるだけではありません。

その焼酎 一つ一つに

水割りのレシピ お湯割りのレシピがあるので、

まず

新しい銘柄に対しての 私と家内の理解度を高めで、

完成度の高いレベルでの

水割りレシピ お湯割りレシピが できるまでは

自分自身の中での評価すら できません。



一夢庵は 酒造りのプロではありません。

焼酎割りのプロであり 焼酎に合う料理作りのプロですからね。




とにかく

2種類とも 1升 飲みます。




もう一つ 大事こと、

開封したばかりの 

最初の一杯と

呑み切る直前の最後の一杯・・・

時間経過に伴う 香りや味わいの変化も

重要なチェックポイントでも あるんです。



とにかく 

焼酎 私が 造ったものでは ありません。

それで お客様に 利益をいただいて売っているのですから、

その責任は・・・・・・・。

言わずもがなです。


クラフト


今日来た 2種類 、、、

一夢庵の料理よりも 

私の友人のカジュアルフレンチ もしくは

正しい日本の洋食屋さんの料理に 合いそうな感じがするな~~~~、

それが  

ファーストインプレッションです。





スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1603-2aabc7f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)