二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



土用の丑の日


今の世の中 

多少どぎつい表現で 物事を述べると

本質が見えない人 もしくは 本質を見ようとしない人が

言葉尻だけを 持ち出して 言い掛かりをつけられたりもするが、

どのような表現であれ 

まずは自分の意見をしっかり言うことは

間違ってはいない。





土用の丑の日

本来 初冬が旬の天然ウナギ・・・。


江戸時代に 平賀源内が ウナギ屋さんからの

依頼を受けて 繰り出したキャンペーンっていう話も・・・・・。

江戸時代は 当然 天然モノオンリ^。

その後 養殖技術が確立。。。。

(実験室レベルでは 完全養殖も報告されてますが、
まだまだ 実用というレベルにはならないようですね。)



養殖は 天然モノとは違う。

確かに この時期の出荷に合わせて肥育すれば問題ないでしょうね、

でも それって 旬のない魚・・・・

養殖魚全てを否定はしませんが、

ウナギの養殖に関しては

若干の疑問を感じます。



養殖をするために 天然のシラスウナギを

捕まえないといけません。

その不透明なシラスウナギ漁・・・。

(シラスウナギは透明なんだけどね。)


価格と漁獲量、とにかく全体像が見えにくい・・・。


ある年は シラスウナギの不漁、当然価格は うなぎ登り!!

キロ300万ってこともある、安くなっても 

キロ80万。ちなみに 単位は 円ですよ。

しかも 密漁も 横行していると

報じるニュースも・・・・・。



養鰻業者さんも

出先のはっきりしないシラスウナギを

買うんだろうか 買わないんだろうか???


結果 天然物が激減。




僕は 以前 勤めていた会社で 

この時期 鰻の出荷を 手伝ったこともある、

美味しいのは 判っている。

でも 僕は 鰻は食べない。


ちなみに 私の短い会社員生活を送った

とある会社・・・・。

その会社のウナギ部門・・・

産地偽装発覚! 逮捕者が・・・・。


もうここまでにしておきます。




土用の丑の日

鰻を食べること自体は 否定しません。



商品化されて 蒲焼や白焼きになり

売れ残るくらいなら 食べないと、

勿体ない。

僕が食べないだけですから。(( ´艸`))))



そんなことを思った土用の丑の日でした。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1607-ed918ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)