二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



同一銘柄 同一炭酸水での 炭酸割り
簡単そうに見えるものほど

奥が深い。

もしくは 奥の深さを感じる。

もしくは 

奥は 深く在って欲しい・・・。



本格焼酎の炭酸割り、

なのだが、、、、、、。


福岡県 朝倉市

ゑびす酒造さんの らんびき7年熟成古酒100% 40度

樽貯蔵の原酒をブレンドしてるので、

琥珀色の焼酎、

それを

サントリーの YAMAZAKIプレミアムソーダーで・・・・・・。



一夢庵でも 同じ 炭酸水で割るのだが、



これが

まったく 味わいが違うのである。



一夢庵の炭酸割りは

樽由来の香りは どちらかというと控えめで、

とにかく7年熟成古酒の円やかさと 

炭酸水との調和を重視した割り方。


そのお店の炭酸割りは

樽の香りと味わいの強いファーストインパクト

円やかさよりも アルコール度数40度の力強さを

感じる出来上がりなのです。



どちらが 良いとか悪いとかではないんです。

同一銘柄 同一炭酸水でも

これほど 明確な違いを 感じる仕上がりになることが、

驚きだったんです。

(おそらく 他の銘柄を使っても 
同じ味わいにはならないであろうと想像できます。)

そのお店の料理は 

カジュアルなフレンチ、

(なぜに フレンチのお店に 本格焼酎が・・??
フレンチに本格焼酎も アリなんです。
一夢庵で 呑んで 美味いと思っていただいて、
そのお店にも こっそり ラインナップされてます。(( ´艸`)))

一夢庵の料理は

あくまで焼酎に合わせた和食。



料理の違いが

その炭酸割りの違いなんです。



具体的に 割り方の手順が

どう違うから こんなにも味わいの差が出るかというのは

科学的な 説明はできませんが、

経験則からくる 説明は何となくつきます。


秘密にしておきましょう。(( ´艸`))))



それとですね~~、

一夢庵で 炭酸割りに 柑橘やハーブ系の香りをつけないのは

本格焼酎それぞれの銘柄単体の味わい、

また 

割り方の違い(手順の違い)による 香りと味わいの違いを

感じていただければ と 強く願うからです。

らんびき7年 炭酸割り



単純なものほど・・・・、奥が・・・・・

そういう風に 感じられる感受性を

維持して 磨くこと、

50年近く生きてきた経験を活かしつつ

コレから先の

人生を 豊かにすることの

一つではないかな~~~って

思いました。



スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1610-53d3a339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)