FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



綻び・・。
私が生まれたのが

昭和43年

大東亜戦争終結から 20年ほど後、、、、


そして それから 約50年。


日本国憲法は その間 

全く 一言一句 変更はない、

ただ 憲法解釈っていう 方法で

時代の流れに 対応してきた、かのように 思える。



護憲だろうと 改憲だろうと 加憲だろうと

そういうことは 政治家が 世に問うべきもので、

私が どうこう言っても なんにもならん。

ただ 

私なりの意見はある。


こういう話は 顔を見合わせて 話しないと、

なかなか 文章では真意が伝わりにくい・・・・。


簡潔に一言でいうなら、

『日本国憲法の限界が 見えた。』 と

表現するのが 一番かな~~。


何故そう思うか?


海を挟んですぐそこにある かの国の

国際社会を無視した暴走を 目の当たりにした時、

普段 護憲!護憲!と

憲法を守ろうとする勢力の人たちが、

途端に ダンマリになり、

(おそらく 日本国憲法の限界を 護憲の人ほど
わかっているからじゃないか・・・・
わかろうとしないのか?
わかっているけど 目を背けている・・・のか?)


そして 政府の対応に 的外れな批判を繰り返す・・・・。

一方 政府は

できるだけの努力と対応をし、

できる限りの外交を続けても

憲法や 法律が 足枷になり、

実効的なことは

日米同盟に頼らざるを得ない。


中には

『かの国の核兵器容認論』的なことを

真面目な顔して訴える 学者先生もいるくらいだ!!

さらには 何の考えもなく 何の根拠もなく

ただただ 『大丈夫です。』と 言いっぱなしの人もいる・・・・。

まあ こんなのは 論じるに値しない。


くだらない多くのマスコミは 政権の揚げ足取りに 終始し、

また与党にも そういう姿勢のマスコミの前で、

迂闊な発言をする・・・。



日本の政界の中の 揉め事を 見事に

マスコミは演出し、延々とくりかえし・・・・・。

それに振り回された 政治の世界は

結果

国会で 何ひとつまともな議論はできず、

かの国の脅威は 増すばかりで、

我が国の安全保障は ・・・・・・揺らぐばかり。

朝鮮半島の一つの国家に関することだけでも

この通り、

大陸の国家の南シナ海の現状、東シナ海の現状、

北方領土、竹島・・・・。


日本国が ひたすら 争いを避ける為だけに

弱腰の譲歩の繰り返し・・・。


本当にそれでいいのか?

それが 

平和なことなのか?



僕はシンプルにそう思うんです。


私の信念で 一票を入れた選挙の結果

選ばれた 政治家の方の仕事であり、

日本国の政治は 日本国を思う政治家に 託したんです。


私も 今の政権に対して 点数をつけるなら

100点満点なんてことはありません、

しかし 

不満なところばかりを論って

批判するのは

なんだか 違うんじゃないか?とも

思っております。



なんにしても 70年近くまったく改正されていない憲法は

時代に翻弄され 綻びだらけにしか思えないんですよね。




休日の午後、

なでしこ2部リーグ ASハリマアルビオンの試合を

観戦に出かけました。

こんな お気楽な休日を過ごせる日々。。。。


何気ない休日のありがたさ・・・・・。

こういう時間を これからも過ごせるには

何が必要なんでしょうかね・・・・・・・。



アルビオンも 勝利して よかった!!
ASハリマアルビオン20170903
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1624-30ebb45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)