fc2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



熟成モノの本格焼酎 3
播州姫路は 祭も 後半戦。

今日18日は 英賀神社の本宮が 執り行われています。


さてさて

祭ばかりでなく 今は 選挙期間。

所用で 某ショッピングモールに出かけたところ、、、

期日前投票所が 開設されておりまして、

有権者の権利を行使すべく

清き一票なのか 邪な一票なのか 定かではありませんが、

投票してまいりました。




で、本題、

熟成モノの本格焼酎 一夢庵には

まだまだ ラインナップされていますが、

ちょっと 面白い熟成モノは こちら、

天盃 宝壺

九州は福岡 朝倉郡筑前町は 天盃さんの麦焼酎、

『宝壺 40度 』

もともとの中身は 1年熟成の天盃40度が 

入っています、、、、

で、

呑んで減った分を 『天盃40度』を

継ぎ足し 継ぎ足し・・・・・・・。

で 熟成をしていく麦焼酎です。



また この熟成に関しては

一夢庵の店の環境での熟成となり、

同じ品物でも その環境が変われば

熟成の度合いや 感覚は かわってくるので、

この壺は まさに “一夢庵オリジナル熟成”と

言っても 過言ではないわけです。



継ぎ足しの分量や 減るスピードの違いも

蔵元さんから出荷された時点では 同じだとしても

熟成の加減は 壺それぞれ、 おかれている環境で、

微妙な違いを見せるはずです。


と言っても あくまで 経験則の想像です。


だって この宝壺じゃない 

別の宝壺の焼酎を飲んだことがないんですよね~~。

どこか どなたか 持っておられませんか?

一口味わわせて頂戴な。(笑)))




そもそも 天盃さんの麦焼酎は

2回蒸留という 他に類を見ない 製造過程を経て造られており、

オリジナリティーの高い製品です。

麦の風味の 骨太な骨格と 奥深い香り、味わい、

ついつい 腰をゆっくり据えて じっくり呑みたくなる

焼酎。



割って飲んでも まったく個性を失わないのは

なかなかの 質実剛健っぷり!


蔵元さんで 大型のタンクや 樽で熟成、

また 買ってきたままの瓶の中での熟成、

比較的 小さい壺で 継ぎ足し熟成する熟成・・・・・

その熟成過程はもちろん

同じ時間の熟成でも ちがうものになるでしょうね。



この写真の宝壺の中も

また時間の経過とともに 熟成を経ていく、

まさに 真っ最中の現在進行形です。



とまあまあ こうやって

自分の手で 継ぎ足しながら 

自分の生活環境の中で

熟成を経ていく 本格焼酎、

自分と同じように 歳を重ねていく本格焼酎。。。。。



こういうのも 本当に面白いもんですな~~~。





スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1643-f873adfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)