FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎の熟成モノ 外伝
熟成モノの本格焼酎に

あう 料理は?


結論から申しますと・・・・。


レベルの高い素材の味を生かした料理なら、

なんでも 合います。

これは間違いない。。。。


ここで問題になるのは

レベルの高い素材って?ことです。



私の考えるレベルの高さは、

正直 見た目ではありません。

仕入れの時に 自分の目で見て 選んで買ってきた素材です。


値段ではありません、

形ではありません。


一夢庵のお品書きの中から

一つ例を挙げると、、、、

『葉っぱ盛り』。



地元の野菜を シンプルに盛り付け

きわめて シンプルな味付けの

まあいうなら グリーンサラダですな。


正直 インスタ映えなんて一切しません。

でも

食べ物に 意識をしっかり持っておられるお客様には

とても 好評をいただいています。

葉っぱ 地元野菜
(それぞれの野菜の味、水菜 菊菜 レタス ルッコラ・・・・・それぞれの味をちゃんと感じることのできる葉っぱ盛り。
それを 究極に活かすための味付け・・・・
ドレッシングやマヨネーズの味しかしないサラダが好きな人には 全く受け入れられませんねん。(( ´艸`))))

まあ それとは逆の場合もあります・・・・・・・・

とあるお客様に言われた言葉が

忘れられません。

『大将、この枝豆 めちゃくちゃ良い品物やとはわかるねんけど、

味が しっかりしすぎて 俺の口には 合わんわ~~~。もっと安いやつでええわ~。』

『・・・・・・・・。』

ひとつひとつ の枝豆を確かめながら 両端を少しはさみで切って

きれいに洗い 汲んできた天然水で塩ゆでした 黒豆枝豆でしたが

その方には まったく伝わりませんでした。


まあ そんなときもあります、いちいち へこんでたらキリがないです。


お酒のラインナップも 有名とか

世間の人気をもとに ラインナップしたものではありません。

私の仕入れ 仕込み お品書きも それと同じです。



そういいことです。


私が 意図したものは

自然とその料理に反映され

それを感じていただけるお客様には

ほんわかと 伝わっていくんです。

それが 本来の 料理屋さんの料理だと思って

今日も 仕込みをしました。



おい!!この素材の良さを分かれよ!!なんて

声高に主張しません。

声高にナニかを言う時点で

それはもう 『押しつけ』です。



お店とお客様、

言葉は 少なくても

料理と焼酎を通じて

なんとなく ほんわかしたものを 感じあえる関係を

私は 目指して

暖簾を上げ続けています。






焼酎の製造は 私には

できないことです。

店にラインナップしている焼酎は

どこかで 誰かが造ったものです。

しかし

そこには 造り手さんの考え方や スタイルが

反映されたものであると私は信じて扱っています。



料理の造り手と 本格焼酎の造り手、

ある意味 鎬を削る関係であり、

おなじベクトルを共有する関係であり、、、、




本格焼酎に限らず、

語れるお酒と ちゃんとした料理

そこに会話が加わり

3次元に 織りなす

カウンターで流れる時間・・・・・・


熟成モノの度数の高い焼酎だからと言って

ロックで呑まなければダメってことはありません。


ぬるめに 度数を下げたお湯割りも

きりっと冷やした水割りも

なんなら 炭酸割りも・・・・・・。

“芯”のしっかりした熟成酒こそ

割る愉しみ・・・・・。



他に類を見ない 一夢庵は おもろいでっせ~~~。(笑)))












スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1644-a40e74bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)