FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



宮崎県の焼酎
宮崎にて おこなわれた、

『焼酎ノンジョルノ宮崎』に

参加してきたことは書きました。

出展された全部の焼酎はさすがに呑み切れませんでしたが、

そこで 感じたのは

まず

芋焼酎あり、麦焼酎あり、米焼酎あり その他の焼酎あり

多様性は 非常にある。


松露黒麦長期貯蔵原酒



また

一口のんで おっ!と驚くような味わいは

ないけれども

二口 三口と 重ねて呑むと

実に スムースで 軟らかく 角の無い風味を感じる焼酎が

多い様にも感じた。

もともと 宮崎は アルコール度数20度の文化があるので、

低めの度数の焼酎を造る技術に長けているのかも・・・

温泉は少ないけど その分 “水”は 酒造りには いいのかな~~・・・

なんても思ったが、

強烈な個性を感じる銘柄ではなく、

優しく食事といっしょに 体に溶け込む

それと同時に

素材の美味さの表現も 

ダイレクトな力強さよりも 優しく表現する方向性が

宮崎県の焼酎の 大まかな特徴なのかな~~、とも思った。



また 本格焼酎の出荷量も 3年連続で

日本一・・・。

これは 黒霧島でおなじみの 霧島酒造さん・・・といっても

過言ではないが、

言い換えれば

霧島酒造さんがどっしりと 構えていてくれる安心感も

非常に重要な点だと思う。

(宮崎県としても 税収含めいろんな面でも・・・)



それに

霧島酒造さんの焼酎、

私は とても評価しています。

あれだけの生産量を誇り、なおかつ

ここ10数年で 倍以上生産量を伸ばし、

且つ 味わいも 進化させ

美味さを ちゃんと表現されていることは

実に 素晴らしいことだと思います。


実際 宮崎県限定発売の

『霧島 20度』を 呑みましたが、、、、

この価格でこの味わい、、、、

『そりゃ~~売れるはずだ!』と 納得の味わいでした。



まあ 霧島一強の宮崎県とはいえ

ほかの蔵元さんも 沈黙しているわけではありません。


蔵の個性 蔵の考えを しっかり反映させて

造られた多くの銘柄も 多くあります、



以前から

私は言ってますが、

これだけ 多くの蔵元(原材料の加工から 製造 瓶詰出荷まで独自に行う)が

狭い地域(南九州一帯)に 存在できるのは

焼酎が嗜好品であるという一つの理由では

説明できません。


間違いなく それぞれの銘柄 それぞれの蔵元が、

“間違いのないちゃんとした本格焼酎を造っている”って言う事の

証明でもあるはずです。




そういうことを踏まえて

一夢庵として これからも本格焼酎専門として

探り続けていきたいと思いなおしました。



一夢庵には 宮崎県の焼酎、数多く取り揃えています。

ちなみに昨日は

『今日は 宮崎の焼酎オンリーで お任せ!!』

っていうオーダ-で

宮崎県銘柄を 楽しんでいただいたお客様も

いらっしゃいます。



一夢庵は そんなオーダーも 喜んで 賜りますよ~~~。(笑)))



今日は

徳島から サワラ!!抜群の肉質です。

炙り造りが 美味いで~~。


スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1649-ec9f49ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)