FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



テイスティング その2
本格焼酎を

ブラインド(銘柄知らずに)テイスティング・・・。


視覚から 何か得る情報はあるのか???

樽貯蔵の場合は 色がついていますし、

蒸留したての新焼酎などは 白濁している場合があるので

視覚の情報がゼロではない、ですが、、、

ほとんどの本格焼酎は 無色透明。。。


嗅覚で 原料が何であるかという事は

ほとんどの銘柄で

判明します。

それと

常圧蒸留・減圧蒸留に ある程度目星がつきます。。


ちなみに 一夢庵ラインナップ銘柄は

常圧蒸留が ほとんどです。


一口含んだ時に

原料が何であるかは確定しますね。



いつも 言っている “水”の要素が  

問われます。。。

アルコール度数 25%なら

残りの75%は ほぼほぼ“水”なわけです。。。。


なかでも

鹿児島県の水は

薩摩半島なのか 大隅半島なのか

霧島の水なのか・・・

具体的に言葉で説明するのは

難しいのです、

それぞれの地域のニュアンスを感じますと

しか言いようがないです。

一例をあげると

種子島の水は phが 高くアルカリ性より、、、

なので 脂分が溶け 少しトロンとした感じ、、、

種子島 海鮮・野菜蒸し
種子島の民宿での 豪華!海鮮蒸し!!
また 行こう!!



芋の品種であるとか

麹・酵母の違いは

絞り込んできた最後のほうで

重要になります。



麦焼酎や 米焼酎のテイスティングは

また違う過程で 判断します。



つづく



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1683-452124c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)