FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



精度
先日、

とある酒屋さんにて・・・・、

『清酒蔵の社長さんが

製造過程での ファンタジーな部分も含め

一つ一つの工程の“精度”を 

最重要にしている。って おっしゃって・・・、

その蔵の酒がおいしい理由が ひとつ 理解できました。』



僕は 焼酎の蔵元さんとは

今まで 数多くお話させていただいてきました、

その中で

“精度”であるとか

“コントロール”っていうキーワードは

頻繁に 使う言葉の一つ。



発酵は 微生物である麹菌や酵母菌が重要な役割、

その微生物の働きを

コントロールして 発酵させる・・・。


コントロールを強く意識することは

“精度”を高めることで、

その結果

出来上がった 焼酎や清酒は

高い品質になる・・・、

私の経験上 それは間違いない。

尾鈴山01
(木製の樽で 発酵させるだけでは 間違いのないものはできない、
木製の樽の特性を活かし 発酵をコントロールしているからこそだと・・・)


調理も同じだと思っている、、

オープン以来

造り続けている“すじこん”

牛のひき筋と こんにゃくを炊き合わせたものだが、

思考錯誤はしながらも

ちゃんと考えて、一定以上の品質の製品を造り続けている

つもりはあるのよね~~。

評価していただくのは あくまでお客様だけど、

自分の考えに基づき 納得したもので、

勝負したい気持ちは強い。




清酒も 焼酎も

料理も 嗜好品。

人ぞれぞれに 好みがある。




100人が食べて100人が美味しいというのは

正直 不可能だと思ってはいるが、

100人が 食べて 100人が

『間違いのない 味だ。』と

評価していただけるのは

可能だと 私は考えている。



一夢庵は

カウンターの空気感や 雰囲気含め、

楽しく 間違いのないものを提供できる居酒屋・・・・

そういう お店を 目指しております。







スポンサーサイト

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1691-b17263ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)