二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎の特徴のひとつ
『この焼酎に あう 一品を ください。』



とあるお客様からのリクエスト・・・・・。


清酒や ワインは

この銘柄には この料理、、、みたいな

合わせ方が よく言われるが、、

私は

本格焼酎を 扱い続けてきて、

最近 確信めいてきたことがあります、、、、


『本格焼酎は この銘柄に この料理という

合わせ方ではなく、

料理を引き立てるとか

焼酎の美味さが 際立つというのでは なくて、

ふんわりと 料理と焼酎が 合わさって

一つの味わいになる特色が強く ストライクゾーンが広い。』っていう

事なんです。


先日 熟成した清酒を 飲む機会があったのですが、、、、

『この酒には 料理は合わせづらいというか

ピンポイントの料理しか 合わないような気がするな~~~。』

と思ったのです、、、

究極に 研ぎ澄まされた

その美味さは 孤高の味わいで、

清酒の旨さの一つの頂点、、、、

それを踏まえて 本格焼酎と料理の関係は

ざっくりしてるというか 

型にはまらないというか

本格焼酎の持つ“おおらかさ”を 強く感じたんですよね~~~。



同じ銘柄でも

飲み方がたくさんできる、、、

お湯割り 水割り、、、また その割加減、

炭酸割りや ロック・ストレートでも

楽しめます。

原料になる素材も 多種多様・・・・、

そんな酒類は 世界を見渡しても

そうそう ないんじゃないでしょうか?




この銘柄には この料理っていうよりも

ざっくり ふんわり 料理に寄り添って

味わえるのが

本格焼酎の食中酒としての 

最大の特徴ではないかと

思います。



フルティカトマト

そうそう

そのお客様のリクエストには

サクラマスを小さく切り ごく少量のごま油と合わせ醤油に

ワサビを少し、、、

刻み葱を 和え、大葉を添えて お出ししました。




スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1696-57901e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)