FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本質と 独自性 2
それぞれの飲食店で

それぞれの料理人が

それぞれに考える本質ということに

重きを置き、

いろんな素材から いろいろな料理を表現しています。


書き綴っているのは

特に アルコールと料理のバランスを

考えている飲食店の事です。


ワインや 清酒 本格焼酎に

併せてこその料理と、

料理単体の美味さを追求する飲食店とは、

おなじ飲食店でも 若干 方向性は 違うと考えてます。

(媚びを売り物にしておられるな~と感じるお店のことは、
 勝負の土俵が違いすぎて、書きようすらありません。)



まあ それ以前に

今の飲食店は 商売という感覚よりも

ビジネス要素が 強く、、、

『美味しさの追求』よりも

『過度に利益の追求』に偏り過ぎているのではないかと

感じる事も・・・・・・・・・・・・。




それぞれの経営者が それぞれの仕事の本質を

どう考えるかってことだけです。

三つ編み
後頭部が インチキラーメンマンに なってきました。(笑)))



『本格焼酎の本質』を

どう表現するか?

常に 私と家内で 話していることは

ほとんど このことばかりです。(笑)



水割り お湯割り、、、

いつも 言ってるように 

“薄めた”だけではありません。

どんな水を使うか?

どの水を氷に使うか?

氷の大きさは?

どんな手順で どうやって割るか?

お湯や水の温度だけではなく

本格焼酎が常温で何度なのか?


一夢庵が表現しようとしている

“本格焼酎の本質”は

言い換えれば

『どれだけ本格焼酎に 隠されている美味しさを 探り出す。』ことです。

食中酒として 味わう時、

食後酒として味わう時、それぞれに

同じ銘柄でも お客様へ提供する時に

同じでは ニュアンスのおなじ割り方で 皆さんは満足されますか?

提供する側の一夢庵は

それでは 駄目だと考えます。


そこで 安易に

柑橘や 他のカクテルのように

何か 本格焼酎以外の味わいを

足すことも 一夢庵は 良しとしません。

なぜなら

味や香りをつけてしまうと、、

それぞれの銘柄が持つ、それぞれの特徴ある

味わい・香りを スポイルしてしまう!

それを良しとするなら、、、

一夢庵は 100種類を超える銘柄を、

扱う意味はありません。



今 ラインナップしている銘柄の全ては、

私と家内が納得し、

是非とも お客様に味わっていただきたいと

願っている銘柄ばかりです、、、

それに 味や香りをつけてしまうと、

それぞれの銘柄オリジナルの良さすら 壊してしまうし、

確実に 一夢庵の料理とのバランスに 悪い影響を及ぼすと

考えるんですよね~~~。

それが

お客様から利益をいただいているという事です。



つづく




今日も 播州赤穂 坂越に 牡蠣とアサリを仕入れドライブ!!

なかなか他の追随を許さない クオリティーだと 自信ありです。。



スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1707-bb19459a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)