二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



松尾大社 本格焼酎グランプリ 番外その2
球磨焼酎の原酒の美味さ、、、、

それは 

原材料である米を麹・酵母、

そして 球磨川流域の地下水を使い 

発酵させ、

蒸留によって 製造されているわけですから

同じコメが原料の清酒よりも

“純粋”な揮発成分で 出来ています。


蒸留も

本格焼酎の場合は

単式蒸留機による蒸留ですから

十分 原材料の香り成分や 風味が

しっかりと含まれています。



僕がいつの頃からか

ふと 

『本格焼酎の原酒って 40度近くある

そのままの ロックでも

食中酒だな~~~。』って

思うようになったんですよね。

世界中のほかの蒸留酒

スコッチや バーボン ラム ウォッカ・・・、

同じように40度近くのロックは食後酒であって

食中酒にはならないし たとえ どんなに水で割っても

食中酒のイメージが 出来ないんですよね~~~。




そんなことを 思い始めてから、、

一夢庵では

『本格焼酎の原酒を割る愉しさと その美味さ』を

考えるようになりました。。。。



どんな水で どんな割合で

どういう手順で割るか・・・・・、

などなど 無限に近い バリエーションと

割り方のバリエーションの数だけ、

味わいのバリエーションも あるわけです。



先日

とあるお客様・・・・・・、

松尾大社・本格焼酎グランプリに 私と家内が参加していたことを

ブログでチェックされていたので、

『その時の 米焼酎いただこう。』と言うことになり、、、

同じ銘柄を 異なる手順で割った 水割りを3杯

呑まれました、、、、、。


同じ銘柄の 水割りを3杯???

一夢庵の水割りを 知らない方にしてみれば、、、

不思議に思うかもしれませんが、

その3杯は 同じ風味ではないんです。

(ちなみに その銘柄は 松下醸造場の 『桜の里』25度でした。)



それが 私が

自分で自身でいう

『蔵元さんは“造り手のプロ”、僕らは 提供するプロ”。』ってことですねん。


どんな銘柄でも なん通りもバリエーションを

お客様に 美味しさと 

その違いを味わっていただきたいんですよね。




蔵元さんが造る 水割りお湯割りも 当然 美味いでしょうが、

蔵元さんが いつも居るわけではありませんし、

お客様が 首をかしげるような 

お湯割り・水割りをお客様に 提供しているようでは

意味がありません。

水汲み 20180603
(この日曜も 宍粟の山奥に 水汲みにって来ました。)

まず とことん 水について考えてみる。。。

それが

間違いのない 水割り お湯割りの第一歩のような気がします。




つづく

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1751-296bd1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)