二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎
本格焼酎専門の

酒好きおやじの一夢庵。。


とにかく ずっと 

本格焼酎の事ばかり考えている。


お客様に

『焼酎って美味しいやん。』と 言って頂ける様に、

無理をしない範囲で 出来うる最大限を

常に 変わらぬ状態で 提供を 実行している。



先日 

転勤で 姫路を離れられ、

しばらくぶりに ご来店のお客様。。。


焼酎談義になった時に、、、

『今いる街でも 焼酎を置いている居酒屋を見つけたけど、、

やっぱり 一夢庵の焼酎の提供は 説得力がある。』という

ニュアンスの発言をされた。。。


そのお客様が言われるには、、、

『そのお店では

この○○っていう銘柄の お湯割りは 〇〇度で

飲むのが一番うまいんですと 蔵元さんが言ってました。という事で、

どんな料理を食べていても 何杯目でも

その銘柄のお湯割りは 決めているその温度で

提供されるんだけれど、、、、、。

それって 本当に 一番 おいしい?』



う===ん、

不味くは ないでしょうけど、

一番ではないような気がするな~~~。


一夢庵では

そのお客様の様子を見ながら、

今 何杯目か?

直前は どの銘柄を どういう割り方で 呑まれていたか?

今 何をお食べになっているか?

酔い具合はどうか?

と 色々な面から 考慮して、

同じ銘柄でも 緩急をつけてお出しする。


それが ベストだというつもりはない、、


本格焼酎の飲み方は

どんな呑み方も 間違いはないが、

いつでも どこでも どんな状況でも 

同じあんばいの提供で良いかと言われると、、、

その時 その時で 微妙な修正が 必要な気がする。



僕は 常に言うのは

『蔵元さんは 造り手のスペシャリストであり、

プロフェッショナル。。

僕は 本格焼酎専門居酒屋、

提供のスペシャリストであり、プロフェッショナル。

蔵元さんの造る水割りの上を行く、

水割りを提供しないと、 存在意味がないのよ。』ってね。(笑)))



それに

蔵元さんは 自分の造る銘柄には

誰よりも 知っているはずだけど、

他の蔵元さんの銘柄に関しては・・・どうなの?


一夢庵で扱っている銘柄の全てにおいて

それぞれのバランスや 酒質は

私と家内が一番知っている。




そして そのうえで、

その時その時のお客様に アジャストした提供を

心がけないと、

いつまでたっても 同じレベルで止まってしまうと考えている。






カクテルの世界では

同じレシピのカクテルでも 

バーテンダー10人いれば 味わいも 10通り、、、

なぜ そうなのか?

本格焼酎の提供も そういう観点から

考えていく時期が 来ているのではないですかね~~~。


一夢庵が 

宍粟の山奥に ずっと水を汲みに行くのは

そういう考えも 一つの理由ですねん。



水汲みに行く。の巻


世界を見渡して

数多くの蒸留酒、

その中でも唯一の食中酒になりうる蒸留酒は

本格焼酎だけだと 認識している一夢庵のおじさんです。



今日は 前獲れのマダコと マナガツオが

めっちゃええですわ~~。

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1765-1a374926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)