FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



松露酒造さんからの 謎かけ?
一夢庵に 

先日 新たにお目見えした本格焼酎。。。

その中から、、、

宮崎は 串間市、

松露酒造さんが 醸しましたる『Colorful』(カラフル)


裏ラベルには こう書かれています。

『創業以来実直に“晩酌としての焼酎”を追求して来た松露酒造。

Colorfulは 原料やブレンド等、今まで表現してこなかった部分に

スポットを当てた焼酎です。。。。。』

松露酒造 Colorful



白麹仕込みの玉茜(たまあかね) と

黒麹仕込みの 宮崎紅の古酒原酒を

ブレンド、

そしてアルコール度数は 30度。


味を利いてみました・・・・、

松露酒造さん“らしさ”は 確かに 感じるのですが、

今まで 松露さんの焼酎では感じたことのない

ニュアンス。。。。


水割り、お湯割り 炭酸割り、

しかも その割方や 温度帯で、

玉茜を強く感じたり、宮崎紅を感じたり、、、、

香りの立ち方や 味わいの強弱・・・・・、

2種類の麹 、

2種類の芋

そして 古酒原酒とのブレンドが織りなす、、、

まさに その名前の通りで 味わいも香りも

万華鏡の如く カラフルな表情なんです。。。


まだ この商品のフルスペックを つかみ切れていないので、

今後 開封してからの時間の経過とともに、

どのように “落ち着いて”いくのか

それとも “よりカラフル”に なっていくのか?

これからが 楽しみで 未知数な部分が

多くあるように 感じました。




ある意味 今までの私の本格焼酎感を

上書きしなければ なりません。。


いままで、

本格焼酎の美味しさの表現は

例えるなら 水墨画のように

一つの色の濃淡や 描き方のタッチで

美味しさを表現するようなものだと

言ってきました。

しかし 

この 松露酒造『Colorful』は

単色ではなく 複数の色による

美味しさの表現を されているとしか

思えないんです。



そして同時に この『カラフル』は

飲食店の“割る技術”を 問われている、、、、

強く そう感じました。

『このカラフルさを 意のままに操って、香りと味わいを 愉しんでごらんなさい。』

と 問われているかのようです。




そして 瓶にかけられている

この文言

『LET`S GET IT  ON!』

(意味は 皆さんそれぞれに調べてみて下さいませ。)

わざわざ なぜ この言葉を・・・・・・。


この焼酎は 僕にとっては 

松露酒造さんからの 謎かけ!!


愉しみ方の

バリエーションが 豊富な焼酎であることは

間違いないですね。

実際に 先日の旅先の

お店で呑んだ時も 味わいと香りの表現方法の

バリエーションの多さに 驚き続け、

家内とも

この『Colorful』の 話題が・・・・・。





さあて 一夢庵、

この焼酎を どうやって料理しようかね~~~。(笑)))















スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1794-079a8073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)