FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



続・本格焼酎を割るという事 3
続 本格焼酎を割るという事 1


続 本格焼酎を割るという事 2

だけでなく 今まで

何度となく 本格焼酎について私なりに書き続けてきた。


あくまで私なりの考えで、

他にもいろいろな角度から、

本格焼酎についての考えはあるから

固執しているわけではないのよ。

考え方の一つとして 

この場を借りて、

おっさんが述べているだけで

こうじゃなきゃいけない!なんてつもりは

毛頭ないからね。



では、続けます。。

今まで 私は

『できれば アルコール度素25度の商品ではなく、

もっと度数の高い原酒を 商品化してほしい。』と

多くの蔵元さんに お伝えしてきたし、

これからも お伝えしていこうと思っています。


『割る』のなら

度数が低くても さしさわりはないじゃないかと

思われるかもしれませんが、

度数の高い焼酎のほうが

“幅”が広がるんですよね。(当たり前ですね。)


吟味してラインナップしている

一夢庵の焼酎の中には

同じ銘柄でも

25度の商品と

35度・40度の原酒の商品があります。



それぞれを 同じ13度の水割り・お湯割りにつくり

お客様の評価をうかがうと、、、

ほとんどの方が 35度・40度の原酒からつくった方を

高く評価されるんです。。。

(あくまで 一夢庵流の割り方でつくった場合です。。)


なぜか?


25度の商品と 35度・40度の商品は

同じ銘柄でも 微妙に 製造の過程が違う場合がある商品も

ありますし、

25度の商品の場合、

かなりの時間差での“2段階割り”になるって事が

影響してるんかな~~?とか

割り水に使ってる蔵元さんの水と、

一夢庵で使ってる水の さじ加減なのか?
水汲み 20180603


実は 

今まで多くの蔵元さんを訪ねてきた経験上、、の事で

あまり口にしてなかったことなのですが、、

敢えて・・・・・。


それぞれの蔵元さんでの

アルコール度数25度への調整する際の、

手順であったり さじ加減が

影響してるのか?と

思うこともあったのです。。


ある蔵元さんは

度数調整用のタンクに ドボドボと原酒を注ぎ入れてました、

また ある蔵元さんは

ゆっくりと 穏やかな河の流れのように 原酒を注いでおられました。。。


加水する際の水も 同じ、、、、

なめらかに 穏やかに 注がれている蔵元さん、、

ドボドボと 注がれている蔵元さん、、、

どちらが良い とか 悪いとかでないんです。


・・・・・・、

私の経験上

醸造酒であるワインでも

グラスに ゆっくり注ぎ入れる場合と、

上から勢いよく注ぐ場合で、

味わい・風味に 差が生じます。。

このことから想像するに、、

まず 最初の水割りの時

つまりは アルコール度数25度への調整時の

さじ加減・手順が

25度の商品と 原酒の商品を

水割り・お湯割りにした時の違い ではないかとも

思うのです。


ただし ドボドボ注ぐのも

ゆっくり注ぐのも、

何らかの明確な理由があり、

何らかの狙いがあるのなら、

全く問題はないんですよ、、、


一夢庵での水割り・お湯割りも

全ての所作に 明確な理由があり、

〝狙って”その味わいと香りを

表現しているんですよ。

一夢庵の場合は

『食中酒としての 優しく 食事に調和する本格焼酎』を

狙って 表現しようとしています。


その結果、その出来上がりの水割り・お湯割りの評価は

お客様それぞれに 委ねるだけの事なんです。


つづく











スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

おとといの夜
松山にある「とり泉道後店」
(ここ焼き鳥べらぼうに旨い)で
アルコール度数45度の
焼酎を飲んだ。
どちらかというと
苦手な焼酎なんだが、
何だか
美味しかった。
名前は忘れたけど(笑)
[2018/10/05 12:21] URL | mackey #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
マッキーさん
おいしかったですか!!
よかったです。

45度っていうと食後酒のイメージでかもしれませんが、
焼酎は その度数でも 食中酒です。

また機会があれば 呑んでください。

[2018/10/05 14:43] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

こんばんは
ご無沙汰してます。
といってもブログはいつも見させてもらってますが。

焼酎を割るという記事は特に興味深く拝見してますが、
一夢庵さんでは湯割りは焼酎が先なんですね。
う~んなるほど。
自分は一個人にすぎませんが、また湯割りについて色々試してみたくなりました。
[2018/10/05 21:31] URL | 芋人  #- [ 編集 ]

Re: こんばんは
芋人さま こんばんは、
お湯の後先よりも
注ぎ方であったり、微妙な手順のほうが、
味わいに影響するとおもっています。

造り手ではないので、
割り方を 思考錯誤することで、
本格焼酎の真価を 突き詰めていきたいです。

今後ともよろしくお願いします。
[2018/10/06 00:29] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1798-4fe3fa80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)