FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



究極の嗜好
芋焼酎には

”新”焼酎と言われる、

蒸留したばかりの

荒々しさが ビンビンに残った商品が、

この時期発売されます。



芋焼酎は サツマイモから造られます。

そのサツマイモの 収穫される時期が

まさに 芋焼酎が製造される時期です。

その収穫されたばかり、蒸留されたばかりの

焼酎が “新焼酎”です。


多くの蔵元さんで

商品化されておりますが、

一夢庵では 扱いをしておりません。

なぜか?


新焼酎は 文字通り

出来立てで、

製品の 味わいや 香りの変化が

早いんです。



開封直後の1杯目と 最後の一杯・・・・・、

たとえ その日に呑み切っても

味わいと香りの変化に 気付きます。

(専門的に扱うので 余計に その変化に気づきます。)



あまりの刺激臭!!蒸留しても 揮発性のガス臭

タマネギの腐った匂いに感じる成分や 温泉の硫黄の臭い・・・・

新焼酎、呑んで 芋焼酎が嫌いになりかねません。


当然 芋焼酎以外の焼酎も 同じような 刺激臭はあります。


一夢庵的には この2点、

香りや味わいの変化が 早すぎる事。

あまりの刺激臭。



それと 私個人的な意見として、

なぜ 商品化されている新焼酎も

アルコール度数25度なのか?


もし 僕が芋焼酎の蔵元で

新焼酎を商品化する場合を 仮定してみると

やはり“原酒”で 強烈な蒸留したてのパンチ力を

味わってもらいたい気がしてなりません。

まあ あくまで想像の話ですけどね。(笑)))


それに 何より

シッカリ熟成された 深みのある香り・味わいが

好みな僕の嗜好も 否定できません。



本格焼酎専門を 標榜する

一夢庵、

敢えて

新焼酎を扱わず

熟成と 円やかさのある 食中酒としての本格焼酎の提供と

それに寄り添う料理を

深めていきます。



今日は

今まで何度も作ってきた豚の角煮、

のなかでも

現時点で 『究極の豚角煮』を

作り終えました。
豚角煮


兵庫県産の とあるブランド豚のネック、

俗にいう 豚トロのブロックからつくりました。

柔らかさは勿論 

十二分に 感じる豚肉本来の味わい、

そして厳選した調味料の味付けのバランスは

自画自賛ですが、

現時点での 一夢庵のひとつの“究極”と

自信をもって 言えます。










スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1811-08c10766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)