FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵的 前割り概論その6
『本格焼酎の前割り』

の事を

脱線しながらも 綴ってきました。


ひとつ前の記事


書いたのですが、、、

霧島酒造さんの銘柄は どれも

前割りするイメージが ほとんど湧かないと書きました。。。


なぜに そう思うのか?


そう考えていると

家内が虎斑霧島の事を書いたブログの中で

書いていた・・・・・

『麹』を感じない。。。


芋焼酎の場合 米麹1に対して芋5の割合で仕込まれるのが、

通常です、、

今まで一夢庵が扱ってきた 多くの蔵元さ(製造量の少ない小さな蔵元さん)の

銘柄は 味わいの中に 麹の由来の味わいや風味を

比較的強く感じることだ出来ました。


それが 霧島さんの銘柄は 黒麹造りであるという事や、

白麹造りは 明確に感じるのですが、

『米麹』由来の風味が ・・・・・。

僕と家内の 味覚だけなのかもしれませんが、

明かに 麹感は 薄いんです。


この『麹感』が

前割りしたいと思うか 思わないかの 一つの指標に

なってるような・・・・・、、、。。


そう思って振り返ると、、、

過去に 前割りしたいと思わなかった銘柄は、

どれも 『麹感』が

穏やかな表現の銘柄だった・・・・・。



米麹を使った芋焼酎なら、、、

米麹由来のアルコールと

芋由来のアルコールの2種類のアルコールが

一つの製品の中に存在する、、、

なぜ 今まで こんなことに気づかなかったんだろう。。。





つづく

スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1823-65957ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)