FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



幅の広さと 奥行き
本格焼酎は

とにかく幅が広い。


原材料や 製造方法、

製品化されてからも

“割り方”など、、

まあ 同一銘柄でも 味わい方にも

幅がある。。


間違ってはいけないのが

幅があるからって

理由もなく

何してもいいってことではない。



宮崎県の一番南

串間市の松露酒造さんの

『黒麦 原酒』 度数43度。

黒麦原酒


後ろには 宮崎の焼酎文化である20度の製品も見えるし、

黒麦も 25度の製品もある。


原酒だから ロックで呑まなければいけない事なんて

なにもない。



むしろ 割り方に幅が出来て、

呑み手としては 愉しみ方バリエーションが

めっちゃ増える。

度数が高く 風味の強い

原酒を割る事の 愉しみに目覚めると、

本格焼酎の呑み方の究極の一つに

気付いた感がある。


『割る事は 薄める事ではないんだ。
味を 伸ばして 風味を引き出すことなんだ。』

と。


その時に使う 

水や 氷 お湯、器、、、

吟味して 選択するのは 当然の事であろう。

炭酸割りでも どんな炭酸水を使うか・・・。


(いろんな酒質と今までの経験を踏まえ
一夢庵は 今 炭酸水を2種類用意して、使い分けている。)



長期貯蔵された原酒は

味わい 香り 風味の全て部分で 奥行きが深い、

そんな原酒の真のポテンシャルを

引き出し 愉しむには

間違いなく 技術がいる。





そんな黒麦原酒を キープされたのは

一夢庵の良き理解者でもあり

超一流の“酒呑み”でもあり

愉しく呑むことの達人でもある

オープン当時からの お客様です。



不思議なもので

食中酒としての本格焼酎を

理解し、味わうことで、

ワインや 清酒、ウイスキーや シェリーなどなど

そのほかのお酒を呑むときに

それぞれの明確な違いと 特徴が

掴みやすくなるような気がする、、、

のは 僕だけでしょうか。(笑))))




スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1844-2018dcda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)