FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ワインを飲んで またまた考えた。
一夢庵では

オープン以来 

『食中酒』としての本格焼酎を

どうすれば お客様に ご理解いただけるかという事です。


料理に寄り添う本格焼酎であり、

本格焼酎に合う料理の表現です。



実は 先日 気の合う仲間と

ワインを いただきました。

決してお高いワインではなく、

飲食店で ボトル3000円から

4000円程度の ものでした。


そのワインを飲みながら、

『この価格帯のワインは 呑みやすく、
 最初の一口は 銘柄の差を感じ、あとは
実に スムースに 食事の邪魔をすることも無ければ、
自己主張をすることもなく、、、、。』


8人で 8本・・・!

一人一本ペース。。。

なかなかのかんじでした。

で、

ふと おもった。


食中酒として

この価格帯のワインに 匹敵 もしくは

パフォーマンスのいい本格焼酎の提供は

どうすればいいのか?



今のところ

一夢庵の答えは

『前割りボトル』です。

前割りボトル



アルコール度数12・13度で

前割り焼酎を ボトルで作って

冷やしておく・・・・・。

どの銘柄を使えば よりパフォーマンスのいい前割りに

なるかを 吟味し、

アルコール度数の高い銘柄を使用して

私が汲んできた 天然水を煮沸して

つくっています。



食中酒としての本格焼酎の

愉しみ方の一つとして

さらに 吟味して 

精度を高めていきたいく思います。



価格も お得ななるように

通常に6杯分の量を

5杯分の価格に 設定しております。



キープされているお客様の中には

毎回 来られるごとに この前割りを

キープボトルでお作りして

冷やして 次回のご来店の際

愉しんでいただく・・・・ってことも

アリですね。



冷やした状態で 提供するので、

氷はなくても 大丈夫です、

氷を入れる場合でも

このドイツ製のワインのグラスなら

違和感もないですし、

大丈夫なんです。。


スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1848-3c2a0de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)