二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お品書き


初めて お越しいただいた

お客さまから

時々 

『メニュー これだけですか?』と

お声をいただくことがある。




私の店は 

チェーン店でもないし 大規模な資本の店でもないので、

そういうお店と 違う事をして

お客さまに 認めていただかないと

存在価値が 無いと思っている。



飲み物も チューハイは 置いていないし

おそろしく 焼酎に特化した品揃えになっている。

料理の味付けも

私の考える焼酎に マッチする味付けを しています。


(例えば 同じ 出し巻きでも 日本酒を呑む場合と
焼酎を 呑む場合では 同じ味付けでは 無理だと思っています。
たとえ お客さまに 微妙な味付けの差が 伝わらなくても、
造り手として 同じ味付けのものを 出すことはしてはいけないと思っています。)




確かに 

お品書きの種類は 少ないかも知れないが

(酒飲みには 十分だと 思っています。)

既製品の冷凍食品を 多くそろえたり

出来合いの メニューを そろえても

それは

わたしの やりたい事では ナイし、

そういう戦略だと 大手の居酒屋チェーンと

同じになり 圧倒的な資本力の差で 踏み潰されてしまう。



考えている。



なるだけ 季節感や

前どれの サカナなどを 

仕入れて 調理しているので


あまり 堅苦しく言うわけではないが

他の居酒屋さんとの お品書きの違い。

雰囲気・会話などなども

見て、感じて

一夢庵を 評価していただければ

幸いです。

また 出来うる限りのリクエストには お答えしたいと思っています。

出来る事は やってみますので

お気軽に お声をかけてください。

(私の 見た目は よく怖いと言われますが シャイボーイですから・・(笑))

会話があると 私なりに お客様それぞれの好みが 分かってきます、

すると 

もし 2度目の来店の際には 

『この間は 確か これこれ 食べていただきましたね。』などと

一歩つっこんだ接客も 可能になってきます。


それが 居酒屋のカウンターの 醍醐味のひとつだとも

考えております。



よろしくお願いします。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/188-2783f942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)