FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



水を汲みに行く必要性。
一夢庵を

オープンして以来、

ずっ~~~~と

『食中酒としての本格焼酎』を

考え続け

家内と二人で、現実的に可能な

お客様への提供を 出来る事を

やり続けてきた。



宍粟の山奥へ 水を汲みに行き続け、

焼酎の割り水は勿論 氷も

料理のだしも すべて その水を使っている。

(昨日 水汲み場まで 距離をきっちり測ってみたら 往復で130キロもあった・・・)


水道水が悪いわけじゃない、

水道水では 一夢庵が表現したい本格焼酎の美味さが

損なわれるからだ。

製氷機の氷が悪いわけじゃない、

その氷では 一夢庵が表現したい本格焼酎の美味さが

損なわれるからだ。



一夢庵が表現したい

『食中酒としての本格焼酎』の美味さは

実に地味なことの積み重ねの結果

今に至っている。




先日も 本格焼酎を 呑んだことがないとおっしゃる女性。。

『ちょっと 試しに呑んでみませんか~~?』と・・・・・・、



“人生初の 本格焼酎”を 味わっていただいた。。。。


『焼酎って 何を 愉しんだらいいですか?』

『蒸留酒なんで まずは 香りを 愉しんでください。
香りの華やか有銘柄をセレクトしたので 尚のこと
香りを・・・・是非。』

『・・・・・、いい香りです。美味しいです。
口当たりも円やかです。。。』


とのお声をいただいた。。。。


良かった!!!

ここで 間違えたセレクトすると

その方と 本格焼酎の出会いが 台無しになるところでした。。。





和の蒸留酒。

食中酒としての蒸留酒。

お湯割りやお湯割り、、シンプルな事ですが、

水墨画の世界のように

単色の濃淡で 表現することです。

それぞれの銘柄の

美味しさを 奥行きを感じていただける様に

お料理と合わせて 表現しております。

小菊南瓜
(小菊南瓜とは よく言ったもんで、、、、本当に 菊の花に見えてきた。。。。)


世界でも類を見ない 蒸留酒である本格焼酎を

“美味しい”と思って頂ける様に

一夢庵は 歩んでいきます。



少々堅苦しい文章ですが、

実際に カウンターに座っていただくと、

ざっくばらんとした一夢庵ですので、

ご安心ください。(笑))))








スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

語義通り
その水も
焼酎も
Eauーde-vie
やね。

貴方にとって(笑)
[2019/07/02 21:10] URL | mackey #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> 語義通り
> その水も
> 焼酎も
> Eauーde-vie
> やね。
>
> 貴方にとって(笑)


命の水なんて言えば 大げさかもしれんですが、
水の命を お裾分けしていただいております。。。

石鎚の水は どうですか?
[2019/07/03 14:48] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


最高!
[2019/07/03 18:53] URL | mackey #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1891-17d35f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)