FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



和の蒸留酒
本格焼酎は

ほとんどの商品が アルコール度数25度に

加水調整され、

瓶詰出荷されている。


せっかく 蒸留して

高きアルコール度数の原酒が 出来ているにもかかわらず、

わざわざ 加水調整し 度数を下げて

流通する本格焼酎、、、、

その時点で 世界でも類を見ない蒸留酒でもある。

(わざわざ加水する、、この点については また別の機会に
私なりの見解を かいてみます。)

水汲み 20180603
(雨が降り 大地に沁み込み 長い時間をかけ また地表に流れ出る・・・・・・。)

もう一つの 本格焼酎だけしかない特徴が、

瓶詰めされた後も 度数に関わらず 熟成するという点である。

熟成すると書いてしまえば、、、語弊があるかもしれないが、

間違いなく 加水された水と馴染んで、

アルコール感の角が取れ 丸くなる、

これは 一夢庵が扱ってきた 全ての銘柄に 共通する部分です。


銘柄によっては 

香りに深みを増してきたり、

味わいが 奥行き深くなってきたり・・・・・、



数多くの 銘柄を扱っていると、

一升瓶を開封してから、

最後まで飲み切るのまで、

比較的 時間がかかります。。。

開封したての 最初の一杯と 

空になる直前の最後の一杯、、、、、



同じではないんですよね。



どちらが良いとか悪いとかではないんです。

その変化を 蔵元さんごとに 把握して、

適切な提供ができるかどうか。。。




変化した美味しさを その変化を知ったうえで、

適切に美味しく提供する

本格焼酎専門店の 矜持です。








スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1892-7dbfcead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)