FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



水なのだ!!
世界中で 水道水を

そのまま 飲める国って

数えるほどらしい。。。


先日 お客様から聞いた言葉だ、、、

ぱっと調べてみると、、15か国ほど出てきた。。。



日本は 当然その中の一つの国。。


水に関しては

日本人は 

かなり繊細な舌を 持っていると思う。。



水の味って 皆さん 

普段感じます?

『この水 美味しいな~~。』って

思う水って

キンキンに 冷たいだけ、だったり

若しくは 喉が乾いている時・・・だけだったりしませんか?


まあ 味と表現するのは ちょっと語弊があるかもしれません、

なんとなく感じる まさに 風味ですね。。。


学生時代に住んでいた大学の寮の水は

今思うと 確実に 金属ぽい“金っ気”が

有ったように思うし、

今住んでる地域の水道は ものすごいカルキが強く感じます。。

種子島の水は すごくアルカリを感じましたし、、、、、

飲食店でいただく水も、場所場所で

風味の違いを感じたり、、

またちょっとちがうけどグラスの汚れを感じたりします。(笑)))


一夢庵で使っている“水”は

宍粟市の山奥から 汲んできた水です。。

汲みに行くたびに 飲んで確かめていますが、、

実に 飾りっ気のなく 輪郭のはっきりした自然で 素朴な水です。。


何度もこのブログで 水汲みに事を書いていたら、、

愛媛県は 松山の超ド級炎上イタリアンのシェフも

遂に 水汲みに出かけるようになった。。

曰く

『水を汲みに行くだけで いとも簡単に 料理のレベルが上がった。』と

述べられていた。。。

そのシェフからの情報だが 

料理王国8月号の特集は

“水”なのである。。。。

一夢庵の氷
(ちょっと 涼しい画像を・・・・・一夢庵の氷です)



お客様の中にも

『一夢庵の水割りは 焼酎そのものの風味を

“水”が 邪魔していないし、むしろ 優しく補っている。

水割りが美味しいと思ったおは 初めてだ。』

と表現される方がいらっしゃいます。

お湯割りも然りです。。。


当然 料理にも 同じ水は使っているので、

素材の風味を邪魔することは 無いでしょうし

素材に何か余分なものを 着けてしまう事も

無いと思っています。


料理の素材 固有の風味、

本格焼酎そのものの香りと風味を

活かすには

今のところ この“水”が 不可欠です。



今日も その”水”を 一度沸かした後

水割り用の水や 氷

野菜をゆがいたり、、

出汁をひいたり、、、、

一夢庵の普段の当り前のことを

しております。














スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

お褒め頂きありがとうございました。
しかし
正確には
「松山のイタリアンの超ド級炎上シェフ」です(笑)
それと
わたくし都会に住んだことは
ございません。
日本で都会と言えるのは
東京くらいですから。
[2019/07/13 18:46] URL | mackey #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> お褒め頂きありがとうございました。
> しかし
> 正確には
> 「松山のイタリアンの超ド級炎上シェフ」です(笑)


お疲れ様です。。。。。
家内が このブログを読んで、
『超ド級炎上が どの部分にかかるか、、、で 意味合いが変わってくるな~~。』と
言っていた指摘を そのままコメントでいただくことになるとは。。(笑)


> それと
> わたくし都会に住んだことは
> ございません。
> 日本で都会と言えるのは
> 東京くらいですから。

都会なのか 田舎なのか 何を基準にするかでしょね、、
今を去る事30年、、東京で学生時代を過ごしましたが、、、
聞くところによると、いろんな意味で
当時の比ではない“都”になっているようですな~~。
そんな僕は 関東の言葉に 染まらず、、播州弁に磨きがかかったくらいで。。。(笑))
[2019/07/14 14:52] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1896-272b76aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)