FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



経験して、来たからこその 進む方向
以前にも 何度も

書いていることですが、、、

本格焼酎は 懐の深い酒です。


何も 考えずに、適当に

水と氷を いれただけで、普通に

呑めてしまいます。


だからと言って、ええ加減な扱い方や、

安易に味を 加えてしまう事を

一夢庵は しません。


本格焼酎の真価を

水かお湯で 割る以外では

表現できるとは 考えつかないからです。


一昔前、

基本が 備わっていなくても名乗れる

“創作料理”という カテゴリーがありました、

出汁を引くこともせず、既製品のタレや

調味料を そのまま 使って、

盛り付けは

白髪ねぎと 糸唐辛子、、、やたらと デカい皿

その割には テーブルは小さい・・・・

ほぼそんな感じでしたな~~、

世間の流行りもあるとしてもです。


本格焼酎に 置き換えれば、

なぜ あれだけのブームが起きたにもかかわらず、

その後 急速に廃れたのか・・・・、

水割り お湯割りが ちゃんと表現できず、

お客様に 本格焼酎が持つ固有の美味しさが伝えられなかった事が

大きな要因の一つだと 考えています。

下甑島 手打
(もう 何年も前の写真です、、、、本格焼酎の原風景の一つ、下甑島。)

そして今

美味しさを伝えられない

若しくは  

水割り お湯割りを美味しく 造ることが出来ないと

何をしているか・・・・・、

安易に 何でもかんでも 銘柄を選ばず、

ただただ強炭酸を注ぎ入れているだけです。

もっと極端に言えば、

本格焼酎を メインの味わいにせず、

味の付いた炭酸飲料に、ちょこっと本格焼酎を加えて、

安易な呑みやすさに 戯れているだけです。


戯れる事も アルコール飲料の楽しみの一つであることも

頭では理解していますが

その程度の戯れは 甲類焼酎の得意分野です。。



それぞれの本格焼酎 銘柄固有の 美味しさの真価を

お客様に お伝えしようという姿勢だとは

全く思いません。

むしろ

本物志向を お持ちになられるお客様にとっては

逆効果です。




梅干し入りのお湯割り から 

梅干し無しのお湯割りへと ・・・・・・、

本格焼酎の そのものの美味しさを

お客様に理解していただいてきた苦労を

経験して来た者としては

今の 風潮は なかなか 受け入れ難い状況です。。

(歴史は繰り返すもんですけどね~~~。。。))


姫路の片田舎で

ひっそりと 私と家内の二人の

一夢庵は 

愚直を通り越し、愚かだと言われようと、

今のスタイルを 深く突き詰めようと思います。。。。



一夢庵は 

その焼酎を造った蔵元さんの想像以上の

パフォーマンスを持つ

水割りや お湯割り、前割りを

さらに磨きを かけていく事に 専念し、

今以上に 本格焼酎と親和性の高い料理を 目指していきます。。。













スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

皿の中に
テーブルを置く感じ?
[2019/07/18 10:46] URL | mackey #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
> 皿の中に
> テーブルを置く感じ?

少なくとも 姫路で 当時、創作料理を名乗っていた店のなかには、
まじで テーブルのほうが小さい店が あったような・・・・。
[2019/07/18 16:46] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1897-2017c510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)