FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



それぞれの“枠”
アヒルの子が

白鳥になりたいと思っても

アヒルはアヒル。

白鳥の子が 

アヒルになりたいと思っても

白鳥は白鳥。


白鳥が アヒルより偉いとか えらくないとかは関係なく。。



本格焼酎を どんなに 手を加えて

清酒に近づけたとしても

本格焼酎は 本格焼酎であって、

清酒ではありません。


清酒をどんどん辛口に突き詰めても

本格焼酎にはなれません。


清酒は 清酒であり、

本格焼酎は 本格焼酎、

それぞれの “枠”から出る事はできません。


一夢庵も 私と家内で決めた

“枠”の中で 最大限の可能性を 求めているんです。

吉永酒造 川畑慶介氏 20190716
(先日 鹿児島県は 下甑島から 吉永酒造の川畑慶介氏 が 来てくれました。。。)



“枠”の中っていうと なんだか 

小さく纏まりやがっったな~~って

イメージをお持ちになるかもしれませんが、

自由=何でも有りではないのと同じで、

一夢庵の守備範囲を決めてこそ、

骨太に 深く突き詰められるんだと

理解していただければ幸いです。

僕個人は あれもこれもと欲張るよりも

守備範囲を狭めることにより、

其の分 深く突き詰める事が

性分に合います。


本格焼酎も 多くの蔵元さんがおられ、

それぞれに 多くの銘柄が ありますが、

蔵元さんそれぞれに おそらく“枠”をお持ちだと思うんです。

この場合の“枠”は それぞれの蔵元さんの

固有の“酒質”と置き換えていいと思います。

慶介氏との会話の中でも

『“枠”さえ守っていれば その中での試行錯誤が 活きる。』というような

意味合いの言葉がありました。


“枠”を 如何に 決めるかは

個人個人の自由です。

性分や 考え方や スタイルを考慮して

決めればいいだけです、

また 人様の“枠”と 自分の“枠”を

ああだこうだと 比較するなんて エネルギーの無駄遣いです。




自分自身で決めた

それぞれの“枠”を 確固たるものと確立して、

突き詰める事に エネルギーを注げば

自然と 人様の“枠”も 素青に受け入れられるように

なるもんですわな。




本格焼酎も 蔵元さんそれぞれの“枠”を

一夢庵なりの解釈で理解することで、

その蔵元さんの“酒質”が 活きる提供の技術が

磨かれていくと 確信しています。



イベントの帰り道、、

聞くところによると 昨夜も遅くまで・・・・・、

お疲れの所 

姫路に立ち寄って下さり、

ありがとうございました。

吉永酒造の焼酎を美味しく提供する為のヒントをいただきました。

川畑慶介氏、、ありがとね~~~。



そんな吉永酒造さんの焼酎 

一夢庵流の呑み方で

一度 味わってみませんか。。。お待ちしております。。。






スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1898-ecd9e073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)