FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



今の 西酒造に


今シーズン

西酒造さんは 新しい焼酎が

目白押しだ。



私の店では オープン間もない頃から

西酒造さんの焼酎を お品書きに ずっと書いている。



お付き合いのある 酒屋さんが 特約店で

扱っているからと言う 理由だけでは ナイ。


その酒屋さんの 熱意・情熱も 理由のひとつだ。



どんな商品でも 同じだと思うが

“売れるから”とか “人気があるから”とかの

理由だけでは 売れ続けない。 

その商品に 対して どれだけ心を 注いでいけるかも 大事な要素だと思う。

(当然 味も 大事ですよ。)





今 西酒造の事を 書くのなら

避けて通れないのは 事故米の事だ。

確かに あの時 私を含め 多くの方が

西酒造に対して 不信感を 抱いたと思う。


誰が悪いとか なんじゃと 犯人探しは するつもりは 無いが、

事故米を 使っていしまった事は

事実だから しょうがない。



じゃあ 今 

西酒造さんは どう反省し

あの経験を どう活かしているのかと・・・。



焼酎の原材料の トレーサビリティーも 確立し

安全性も チェックして

そのつど 発表されている。


味は どうかといえば

あくまで 個人的な私の感想だが

富乃宝山を 旗頭に

酒質が すっきりとした 飲みやすさの部分で 統一されているように

感じる。


アルコールのピリ感も なく、

爽やかな 芋の香りと

軽やかで 滑らかな味わい。





今シーズン 新たに 出た

白豊印・綾紫印・綾紫の芋麹全量・薩州宝山を 飲むと

特に そう感じた。

(こうなると 紅東印も 期待が 高まるところだ。)




事故米騒動の後

世間の賛否両論の中で 

西酒造さんは 考えを しっかりと

改めるべき所を 改め、

その上で 焼酎の造りに 反映してこられたように思う。



失敗の無い人生が 無いのと同じで

失敗の無い会社も無い。

肝心な事は

その失敗を いかに活かすかどうか。


昨年 西酒造の 有馬さんと 酒を呑みながら

激論を交わしたことが 

今シーズンの造りに 確かに反映されていると

確信した。



西酒造さんの蔵の規模になると

もはや 家業ではなく 企業だと

私は 思っているが

焼酎に対する

こまやかな心遣いは

家業も 企業も 関係ない。



とかく 成長の著しい会社は 

世間の的になりがちだが

事故米騒動以降 その経験を 

しっかりと 活かしておられることは

まちがいないと 思っている。




あとは

西酒造の 焼酎の味を 

お客様が どう評価されるかは

もう 個人個人の 嗜好だね!!



最後に 一言

今の 西酒造の焼酎は 呑んでみる価値は 十分に ありまっせ!!





あっそうそう

一夢庵は 全ての焼酎に対して

愛情を持って

ニュートラルな気持ちで 扱っております。






 

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/190-7181a375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)