FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



やっぱ 前割りか~~。
いままで 何度か

ここで書いている、

『前割りボトル』の事ですが、、。



先日 お客様から

ご相伴にあずかり、

一杯 ごちそうになりました。


いつもは 味を利く程度の量で、

一杯分を 呑むのは 

恥ずかしい話、かなり久しぶりでした。

松露酒造 貯蔵タンク
(過去 幾度となく 訪れた 松露酒造さん、、、その貯蔵タンク)

その前割りボトルは、

宮崎県の串間市、松露酒造さんの

『松露 35度』。。。。


前割りで 13度程度のアルコール度数、、、

ワインボトル大きさで 大体グラス5杯分。。。。。

グラスに注ぐと その瞬間の

香りからも 松露さんの酒質をしっかり感じました。


一口含むと、、実にやわらか そして シルキーな感じすらする

上品ななめらかさ・・・・。

それでいて しっかり 本格焼酎らしさも残る 力強さの

バランスが、とにかく 美味い。

料理とあわせても 何一つ違和感を感じないのは当然、

ついつい 呑むペースが 早くなってしまう・・・・・。


料理と前割り焼酎の 『親和性』は

私の知る限り 最高と言っても 過言ではない

仕上がりでした。



食べ物と 料理の関係を

マリアージュと表現されることは多いです、

マリアージュ、、、つまりは結婚という意味です。

この場合 料理とお酒は いわば“他人どうし”、

だから 結婚できるのですが、

結婚できるという事は 言い換えれば 離婚もできると

言う事にもなります。


一夢庵の料理と 本格焼酎を

表すときに 私は 『親和性』という言葉を 

使っています。

なぜか?

本格焼酎は ストレートで呑むことも可能ですが、

食中酒としての本格焼酎は 必ずと言っていいほど

“割る”という仕事が 必要になってきます。

その際に つかう “水や氷 お湯”・・・、

それと同時に 料理の仕込みで使う“水”

出汁は もちろん 野菜をゆがくお湯、グラスに入れる氷、

その“水”は

私が汲みに行く 宍粟の山奥の“水”という共通項になるんです、、、、


ですから 

一夢庵の 料理と本格焼酎は すでに

“他人どうし”ではない いわば 親戚みたいな関係なんです。

ですから マリアージュ(結婚) という言葉を使わずに

『親和性』という表現をするんです。



先日のお客様、、3名様で 

前割りボトルを 3本、、、。

綺麗に 美味しく 飲み干してくださいました。

しかも 酔い過ぎる事もなく、

気持ちよさそうな 酔いっぷりでした。。。

一口 呑んだその時、、、、

『すごい やわらかな口当たり、香りもいい、

それと同時に

シッカリと 本格焼酎感も ある。。。。

料理とも バランスあうね~~。』との

お言葉をいただきました。。。。





この『前割りボトル』

最近 やっとお客様の認知度も出てきて、

お奨めする前に ご注文 頂くことが増えてきました。。。

『松露 35度』だけでなく 

他にも 一夢庵厳選銘柄を 揃えております。。


自画自賛ですが、

味わっていただく価値は 十二分にあると自負しております。。。




スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1925-4d943135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)