FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎って・・・。その11じゃなく12!
アルコール度数 

25度・35度、

同じ銘柄を つかって

キッチリ加水量を計算し、

12度の水割りを二つ作ります・・・・。。


建前上は 全く同じのはずです。

ところが

今まで この2つの水割りを、

お客様に 同時に 提供した時、、、

35度を使った方が

評価が高いんです、、

しかも 全員! 35度の水割りの評価が高い、、、、。


実験としてとらえた時、

瓶詰日からの経過時間も 同じにするべきでしょうが、

それは なかなか難しい・・・。


しかしながら

この結果は何を 意味するんでしょうか?



一つ思うのは

本格焼酎は 酒税法上 25度が一つの基準になってますが、

それはあくまで 税金の基準で、

本当に お客様に 美味しさを伝えるのは、

25度以上のアルコール度数なんじゃないか?

と・・・・。


極端な考え方になるかもしれませんが、

一理あるんじゃないですかね~~~。



蔵元さんで 加水調整され

さらに 呑む直前で

加水し、味わうアルコール飲料は、

世界を見渡しても 他に類を見ない、、

それこそが

水の質が 飲用に適している日本で

発展してきた本格焼酎の個性です。



近頃は 

炭酸割り のみならず、

カクテルベースとしての本格焼酎の捉え方も出てきています。

本格焼酎を美味しさを伝えるのに

25度以上の商品のラインナップが

今以上に 必要になるのではないかと 考えます。。。

35度以上の原酒

前回に 紹介できなかった 35度以上の銘柄の一部です。


銘柄によって

お湯割りが 抜群に美味かったり、

炭酸割りで 個性が活きてきたりと

それぞれの蔵元さんの個性が 強く

銘柄に反映されているがゆえに、

どの様に加水するか (割るか)が

課題です。


蔵元さんから与えられた課題。

お客様に 試される課題。

この二つに どんな答えを出すかです。

さらに

その割られた焼酎に どんな料理を出すか・・・。


トータルなバランスで

普通に 飲み食いしただけなのか?

記憶に残る 食事と焼酎になるのか?

評価されるわけですな~~~。。。



考えたら怖くなってきたから、、

この辺りで 今日は おしまい。。。(笑))))


水曜日は 定休日で~~~す。。。

















スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/1979-b32f4e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)