二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本名でブログ
経営者の立場の私は
 
基本的に 孤独。
 
家内と 相談して決めれれる事は 2人営業会議で
 
決定事項となるが、
 
基本的 一夢庵の 中長期的方向性は
 
私が決めなければならない。
 
 
 
まあ ある意味 孤独感を楽しめる奴だけが
 
経営者としての立場を楽しめる奴だと思っている。
 
仲のいい 同業者仲間もいるが
 
決して 傷口のなめ合いは しない、
 
上っ面の慰めを言うぐらいなら 
 
思いっきり ダメだししてくれる方が ありがたく思う。
 
 
 
いつの間にか世の中は
 
人さまに対して 
 
本当に本心から思いやりがあっても 
 
厳しい言葉を
 
かけることが タブーみたいな 流れが出来上がり、
 
妙なところで 妥協してみたり
 
競争を嫌っているだけで 仲良くふるまってみたりして
 
その実 いないところで・・・・
 
みたいな流れがある。
 
 
 
まあ それこそ 
 
人それぞれの 美意識で
 
私は 否定も肯定もしない。
 
 
 
 
先日 とあるお客様との会話で
 
ツイッターや フェイスブックと言うツールの
 
話になった時なのだが、
 
意見が一致している間は そういつツールも ある意味便利だとは思うが、
 
異なる考えの持ち主と
 
建設的な意見の交換ができるようになるまでは
 
相当な時間と お互いの文章力と 長い時間がかかり過ぎるような気がする。
 
結局 
 
その方との会話では
 
同じコミニティーの中で 仲良くできていれば
 
それでいいみたいな感じで 話が落ち着いた。
 
コミニティーが うまくいかなくなれば
 
それはそれで そのコミニティーは放置プレーだと言う。
 
まあ そんなもんなんだろうか?
 
私は 経験がないので 何とも言えない。
 
 
 
 
 
 
 
経営者としての私は 孤独かもしれないが
 
一個人としての私は 決して孤独ではない。
 
ネットがきっかけのつながりも 
 
非常に大事で 縁を感じることもあるが、
 
実生活の中で
 
毎日リアルに顔を合わせ リアルに会話し
 
絵文字ヤデコメでは伝わらない リアルな表情に接し
 
リアルな人間関係も 非常に大事で 縁を感じる。
 
ネットのつながりも リアルなつながりも 
 
両方大事にしたい。
 
 
 
 
 
こんなことを感じていたから
 
私も ハンドルネームを本名に 変えた。
 
しかも 読み方を間違わないように 平仮名だ。
 
 
何か差し支えあるかなと思っていたが、
 
今のところ何にもないし、
 
本名を名乗って記事を書くことの責任と 覚悟が
 
楽しくて仕方ない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/20-e71b4086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)