FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎って・・・その16
15時から20時までの営業をしてます。。

まあ 今は 大きな声で

ぜひお越しを。。!!と

言えない状況ですが、、、、。

まあ 

閉めてても 開けてても 厳しいのは

同じなんで、

どうせ厳しいなら 暖簾をあげようとの考えです。。




先日 家内がブログに

アルコール度数20度の本格焼酎について、

書いていました。。


日本独自の蒸留酒、、の本格焼酎、

世界の基準で言うと、

“せっかく蒸留し アルコール度数の高いお酒ができるのに、

水で 度数を低くしてしまう。。”

などと 揶揄されてしまう事もありますが、

世界は世界 日本は日本です。


日本の国土は

全国各地に 素晴らしい水が たくさん湧き出ています。


本格焼酎だけでなく 清酒やウイスキー造り、

日本の水の良さが あるからこそ

各地に それぞれの酒が存在し得ると思っています。

世界と比べると

信じられないくらいの 製造場密度でしょ。。


そして 我々は 多種多様のの味わいを 愉しめるというわけです。



若干話がずれましたが、

20度の焼酎を 改めて 味わってみると、

こんなに まろやかで 優しく、

それでいて その銘柄の特色は 薄くなっていない。。と

感じました。


特に 家で くつろいでいる時の

20度焼酎おお湯割り は 

私が 今まで飲んできたいろんなアルコール飲料の中でも

最高じゃないかと思いました。

とにかく 私の体には うってつけでした。



度数が低ければ低いほど

原酒に対する加水量は 増えていきます。

そして瓶詰めされ、

時間が経過することで 原酒と水は

円やかに 親和していきます。。。。

その優しさは

もはや 一夢庵がつくっている

“前割り焼酎”の優しさに匹敵します。

(匹敵するけど 一夢庵の前割りのほうが 美味いぜ~~~(自画自賛・笑)))



加水することは

薄める事ではない、

味わいを延ばし 香りを引き出すことだと

再認識させてくれた  

アルコール度数20度の本格焼酎でした。


家内のブログの書いている通り、

原酒好きの一夢庵が お奨めする20度の銘柄、、、

ぜひぜひ。。


本格焼酎は

全国各地の名水で

割る事で その土地その土地のオリジナルの美味さを

発揮できる 他に類を見ないアルコール飲料ですな~~~。



まさに 日本の風土で 

培われきた 蒸留酒です。。




スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2005-b6821e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)