FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



同じ蔵元さんの銘柄の違い
先日

熊本は 球磨郡多良木町の

合資会社 宮元酒造場さんの

銘柄を、

どかっと 仕入れました。。。。

九代目

5年熟成をベースに『九代目』っていう

米焼酎が メインの銘柄。。

他には 

甕熟成10年『九代目』、、

蒸留方法が異なる 10年貯蔵常圧『九代目』。

自社栽培の山田錦を使った 『九代目山田錦』

さらに

樽貯蔵の『九代目 宮元』

と 『茶屋』という麦焼酎。。


同じ蔵元さん、

それぞれの銘柄の特色の違いを

どう表現して、

お客様に 味わっていただくか。。。

これが 一夢庵の課題なんです。


5年熟成『九代目』と 甕壺10年熟成『九代目』

違いは タンク5年か 甕壺で10年という

貯蔵法の違い。。。

水割り・お湯割りで

この“違い”を表現するために

必要な事が

一夢庵の 企業秘密なんです。。。


いつも汲みに行く 

宍粟の山奥の水の特徴をつかみ、

“割る”さいに注意すべき事を

丁寧に こなす事。。


家内が造る水割りは 

常に 進歩して、

美味しさの表現を 追求し続けています。


ちなみに 米焼酎蔵さんが造る麦焼酎、

『茶屋』、、

その味わいには 何処かしら米焼酎の雰囲気が漂っています。

味わいとか香りではないんですよね~~。。




私は そんな焼酎に 寄り添う料理を

考えながら

カウンターでの お客様を 考慮しながら、

アジャストできる範囲を 調整しながら

お出しして言います。



まあ 小難しく言い出すと、 キリがないですが、、


気軽に 一夢庵の焼酎と料理を 愉しんでいただければと思います。。



他店で呑む 本格焼酎とは

何か違う美味しさを 確実に

感じていただけると自負しております。。。



九州の水害被害の義援金として

お料理 焼酎 一品・一杯ごとに

売り上げから 10円の寄付を・・、

さらに 皆さまのお気持ちからのご浄財、

本当にありがとうございます。。

まだ 続けてまいりますので、ご理解ご協力

お願い申し上げます。。




お陰様で 





スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2020-1c496dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)