FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アルコール度数25度以上の銘柄  その3
さてと

またまた 前回の続き。。。。



福岡は天盃さんの麦焼酎

一夢庵熟成 宝壺の話からです。。。

天盃 宝壺


40度の天盃麦焼酎を

つぎ足しつぎ足しで 仕次熟成です。。



天盃さんは いろいろと新商品も出されています、

その基本の味わいというのが

この宝壺には凝縮されていると考えています。

他では類を見ない、2回蒸留。

麦の深みと 骨太の質感、

お湯割りの香りは 独創的で 尚且つ

麦から造ったぞ!自己主張、

それでいて 優しい落ち着き。


私が汲んできた水、

で 家内が造るお湯割りは 

自画自賛ですが、 かなり高いレベルでの親和性で、

この銘柄の 美味さを 表現できているかと

思っています。


その お客さまも 

この味わいと香りの美味しさには かなり驚いておられるように感じました。。。





アルコール度数35度以上の銘柄、

度数が高いだけではない

味わいと香りに深さ、、、

それぞれの蔵元さんの“造りにおける芯”が

ダイレクトに伝わるんです。


私が言いたいのは その部分です。。。





一夢庵でお客様に提供する際、、

例えば お湯割りなら、

アルコール度数だけで言うと 

13度から 15度くらいに整えますが、

25度の銘柄よりも 加える水の量は多くなります、

という事は

それだけ “水”の重要性が高まることになります。




焼酎談義をした方には

伝わっていると思うのですが、

“水”の重要性を かなり強く私は 述べます。

ええ加減な水を ええ加減に加えるのは、

それぞれの銘柄のフルスペック以上の

美味しさを 引き出すとは とても思えないんです。


水割り・お湯割りは

たとえるなら 車のチューニングであり、

メーカーさんのノーマル状態よりも

性能をアップすることです。。。


一夢庵の “チューニング”は

『より食中酒に 向けた方向性への チューニング』と

言っても 過言はないと自負しています。





つづく
スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2026-13d19d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)