FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



新しい可能性って なんなん? その2

新しい商品を つくる事



新しい可能性かと

言われたら

私は違うと言います。



料理もそうなんですけど、

未だかつて

誰も造ったことのない

人類が 味わったことのない料理なら

新しい可能性と言っても 差し障りは 無いですが、

既存の何かと何かを合わせただけで

新しい可能性とは

大げさすぎます。



今 一夢庵のストーブでは

種子島産の 安納芋の

じっくりゆっくり 3時間以上の時間をかけて

焼き上げた 焼き芋が、

出来ています。

安納芋

数年前から

その ホクホクで しっとりとした安納芋焼き芋を

さらに 天婦羅にするメニューが

密かに あります。

が、

焼き芋の新しい可能性を見つけた!!!

安納芋の新しい可能性を見つけた!!とは

ぜんぜん思いません。

既存の技術の合わせ技にすぎません。。。



めんどくさい事を 書いてますが、

かる~~い感じで読んでね~~。(笑)))


本格焼酎の新しい可能性って

じゃあ なんなの?って

訊かれれば、、、、


どの銘柄であろうと

その銘柄の特色を 最大限に引き出し、

且つ

初めて 本格焼酎を呑まれたお客様に、

『美味しい、おかわりください。』と

言っていただける為に

一夢庵が 今している事こそが

日々新しい可能性だ!!と

ちょっと天狗な答えをするかもしれません。。。(笑)))


しかし

お客様にとって

一夢庵がしている事が 新しい可能性だろうと、

何であろうと、

“対価以上の価値を感じる 美味しさ”が

一番大事なことです、、。



本格焼酎は

お客様に 提供するまでに、

一夢庵が手を加えます、

その手の加え方が 

一夢庵にとっての 『新しい可能性』を秘めている部分です。


既存の技術を見直し、

さらに 改良 

時に 最初に立ち返り、

見直しを続けます。

すると

一つの銘柄から、

今まで 見つけられなかった“美味しさ”の表現が可能になります。


だから 

一夢庵では

より幅の広い提供が可能になる

35度の銘柄や

それ以上の40度近い原酒が

お客様の評価を得続ける為にも

必要性が高いんです。。



つづく
スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2058-08ac7b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)